FC2ブログ

長等神社 ~ 大津京鎮護のために創建さた神社 ~

 明治時代、琵琶湖の水を京都へ運ぶ水路として造られた 琵琶湖疏水 その疏水の両側にはたくさんの桜が植えられていて、滋賀の花見の名所のひとつとして知られています。

  長等神社1  長等神社2
                        新緑に包まれた琵琶湖疏水

 天智天皇が大津京遷都の際に、鎮護として創建された 長等神社 はこの琵琶湖疏水を遡った長等山岩座谷に位置しています。須佐之男命を勧請して創建された長等神社は貞観2年(860)、園城寺(三井寺)開祖の智証大師(円珍)が日吉山王神・大山咋命を勧請して、園城寺の守護神となったといいます。

 石の大鳥をくぐり参道を進むと、新緑の社叢を背に鮮やかな朱色の楼門が建ち、その奥に拝殿、大山咋命が祀られた本殿が建っています。

  長等神社3  長等神社4
    石の大鳥居                       楼門

 境内に建つ建物は南北朝の戦乱により消失、現在の社殿や楼門などの建物は足利尊氏によって再建され、壮麗な神社は皇室をはじめ武将や民衆の崇拝を集め隆盛したといいます。

  楼門を入った近くには平忠度の歌碑がたっています。

    さざなみやしがのみやこはあれにしをむかしながらの山ざくらかな

 「志賀の都はすっかり荒れてしまったけれども、長等の山桜は昔のままに咲いている」と詠まれているように、今もこの辺りは桜の名所として知られています。

   長等神社7  長等神社5      
     平忠度の歌碑                      拝殿                            

    長等神社6
      本殿

 そして、境内には三馬神社のひとつ 馬神神社 があります。古来より牛馬の守護神として名高い神社は豊臣秀吉も信仰したと伝えられているとのこと。現在もうまの関係者、愛好者、午年生まれの参詣が多いといいます。

  長等神社8  長等神社9
    馬神神社                         栄稲荷大明神

 園城寺を守護する神社として栄えた 長等神社 長い歴史を有する古社でありながらどこか庶民的な温かさを感じる神社でした。

 長等神社を出て南に行くと長等公園があり、木漏れ日に包まれた山裾の道を進むと、園城寺五別所のひとつ尾蔵寺に住んで多くの弟子を育てたといわれる慶祚阿闍梨が入定したとつたいわれる石室やいつ頃に祀られたのか不詳という長等山不動堂がひっそりと建っています。

  長等神社16  長等神社11
    慶祚阿闍梨入定窟                    長等山不動堂

 爽やかな空気に包まれた木漏れ日の道をさらに進むと山側に 近松寺(高観音) が建っています。近松寺も園城寺五別所のひとつで、平安時代に安然が開基し、智証大師が刻んだ観音像が安置されているといいます。本堂は江戸時代の享保年間に、阿弥陀堂は嘉永年間に建てられたといいます。

  長等神社14  長等神社13
    近松寺本堂                       近松寺阿弥陀堂

 高台に建つ近松寺、ここから眺める琵琶湖の眺望は昔から人々に親しまれたいてといいます。今ではビルや民家などの建物で埋め尽くされてしまった大津の町ですが、東海道の宿場があった頃は、その絶景に多くの旅人が癒されたであろうと・・・

   長等神社15

 大津市と京都市の境にある逢坂山から長等山には長い歴史を持つ由緒ある寺社や史跡が点在しています。それらの寺社や史跡はゆかりある人々や地域の人々により受け継がれ、そこかしこに面影をとどめ、今も私たちに当時を偲ばせてくれます。そして自然美あふれる道沿いでは四季折々の美しい風景と眺望が目を楽しませてくれます。道の傍らで咲く花を見ながら浮かんだ句

        山路来て何やらゆかし菫草

 この句は松尾芭蕉が、近江から京に出る小関越で読まれたといわれていますが、当時は草深い山道で見つけた心のオアシスだったのではと・・・

 眩い新緑と、霞む琵琶湖の眺望に癒された山道は、歴史も堪能できた素晴らしい散策でした。

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR