大神神社 ~ 古代信仰のかたちを今に伝える日本最古の神社 ~

 大物主大神が日本の国つくりのために、御魂を鎮めた三輪山は神々が宿る神聖なる山『神奈備(かんなび)』として、古くから崇められてきた山。その三輪山をご神体とする 大神神社 は数ある神社の中でも最古のもののひとつに数えられています。山そのものをご神体とするため本殿はなく、拝殿から3本の鳥居を組み合わせた独特な形の三ツ鳥居を通して三輪山を拝するという古代の祀りの様が伝えられています。

 大鳥居越しに神々しい三輪山を拝しながら参道を進むと二の鳥居があり、その先に古木に覆われた参道には木漏れ日がさし込み、進むにつれ、次第に身も心も清められていくような・・・厳粛な空気に包まれています。

  大神神社1  大神神社2
    大鳥居と三輪山                     二の鳥居
  
 石段を上り、2本の柱に大きな注連縄を渡した鳥居をくぐると、三輪山を背に徳川家綱が寄進したという拝殿が建っています。

   大神神社4

 拝殿の奥にある三ツ鳥居は中央に扉をもつ、大神神社以外には見られない珍しい形式で、その鳥居の奥は宮司といえども立ち入ることの許されいない禁足地といいます。

 『三輪明神』『三輪さん』と親しまれる大神神社は、謡曲『三輪』の舞台になったところです。平安時代の初め、三輪山の麓に住んでいた僧・玄庵がいつも参詣に来る女性を待っていると、ある日、その女性は衣を貸して欲しいというので貸し、その素姓を尋ねると、杉が目印と住かを教え消えてしまう。里の男が御神木に衣が掛るのを見つけ玄寶に知らせ、確かめると衣裾に歌が書かれていて、その歌を詠むと杉の木の中から返歌が聞こえ、三輪明神が姿を現すし、伊勢と三輪の神は一体分神と語ったというストーリー。境内には、その衣が掛けられていたという『衣掛杉』があります。

          大神神社4  衣掛杉 

 そして、大神神社から北に15分くらい歩いた山の辺の道沿いには玄寶が隠棲した庵があります。ひなびた庵は自然を残す庭と一体化して風情を感じます。 

  大神神社6  大神神社7
                              玄寶庵

 また、境内には、『巳の神杉』と呼ばれる大きな杉の木がありますが、この杉には神の使いの蛇が棲むといわれお供えの御神酒と卵が途切れることがないとか。酒神としても有名な大神神社、造り酒屋の軒先でゆれる『杉玉』は三輪山の杉にあやかったといわれています。

  大神神社5

 古来より国つくりの神として、生活全般の守護神として崇められている 大神神社 神話や伝説を宿す境内は今もどこかに古人が潜んでいるような・・・神秘的であり神々しい神社でした。

 また、大神神社の境内と三輪山周辺にはいくつもの摂社や末社が点在しています。

 大神神社の北に立つ 狭井神社 にはどんな病にも効くといわれる『御神水』が湧き出る『薬井戸』があることで知られています。また、大神神社から狭井神社に至る道沿いの林下では初夏に、低地で見かけることの珍しい『銀竜草』を見ることができます。透き通るような感じから『ユウレイタケ』とも呼ばれる銀竜草、薄暗い茂みに白く浮き上がるように咲いている姿はどこか神秘的な感じがします。

  平等寺1  平等寺2
    御神水が湧き出る薬井戸               銀竜草

 桧原の地には大神神社と同じように本殿を持たず、三ツ鳥居ごしに三輪山を拝する 桧原神社 があります。この地は天照大神が伊勢に鎮座する前はここに祀られていたとの説から『元伊勢』とも呼ばれています。

  平等寺10  平等寺11
                                   桧原神社三ツ鳥居                


  


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR