FC2ブログ

2018 桜紀行 5 仁和寺 ~ 壮大な門跡寺院を彩る「御室桜」 ~

 洛西・双ヶ丘の北に位置する 仁和寺 は『旧御室御所』と呼ばれるように、代々法親王が住持した門跡寺院。仁和4年(888)に宇多天皇が、前年に崩御した父・光孝天皇の遺志を継いで創建、寺名は年号から付けられたといいます。昌泰2年(899)に出家された宇多天皇は法務ををおこなう僧坊を設けられ、それは『御室』と尊称されて、地名として後世に伝えれられることになったといいます。いく度かの火災にみまわれた仁和寺ですが、応仁の乱ではほとんどが焼失し、本格的な復興は江戸時代、後水尾天皇の兄覚深法親王の時代になってのことで、徳川幕府の援助、さらには京都御所の改築に伴い、金堂に紫宸殿、御影堂に清涼殿、宸殿に常御殿が移築され、二王門、五重搭なども造られ、現在の優美な伽藍群が完成したといいます。

 古くから桜の名所で知られる仁和寺には京の桜の季節をを締めくくる『御室桜』があります。根本から枝を分けた低い木に花を咲かせる『御室桜』は、『わたしゃお多福御室の桜 鼻(花)がひくても人が好く』と詠われ、『お多福桜』の愛称でも人々に親しまれている桜です。

 左右に金剛力士像が安置した堂々たる二王門をくぐると、広々とした参道の先に浮かんでいるかの様に朱塗りの中門が建ち、左側の参道沿いには築地塀に挟まれて本坊表門、勅使門が建っています。

   仁和寺1 
 
  仁和寺2  仁和寺3
    本坊表門                         勅使門

 本坊内には宸殿の南側に白砂敷きの、北側に池を配した優雅な庭園が広がっています。

  仁和寺4  仁和寺5

 中門をくぐると左手に『御室桜』の苑があります。満開の御室桜が見れるはずが葉桜になっていて、五重塔とのショットは葉桜がメインに・・・

  仁和寺7  仁和寺8
    御室桜

  仁和寺6  仁和寺9
    御衣黄桜                          ミツバツツジ

 早くも新緑を迎えたような若葉が頭上を覆う境内には国宝の金堂をはじめ、御影堂、鐘楼、観音堂などの諸堂が建ち並び、満開のミツバツツジが彩りを添えています。

  仁和寺11  仁和寺12
    金堂                            鐘楼

  仁和寺15  仁和寺13
    御影堂                           経蔵

  仁和寺16  仁和寺10
    九所明神                          観音堂(改修中)

 楽しみにしていた満開の『御室桜』には間に合いませんでしが、今年は満開の桜にたくさん出会うことができた楽しい春でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR