2018 桜紀行 4 哲学の道 ~ 桜花爛漫を求めて歩く山裾の散歩道 ~

 東山の山麓、若王子橋から銀閣寺橋までの琵琶湖疏水に沿う散歩道 哲学の道 は、大正時代に活躍した西田幾多郎や河上肇らの哲学者が散歩していたことからその名を付けられた、京都でも屈指の観光コースとして知られています。沿道には桜をはじめツツジ、ミツマタ、レンギョウなどが植えられ、道行く人の目を楽しませてくれます。なかでも約300本ある桜は『閑雪桜』と呼ばれ、大正10年(1921)に画家橋本閑雪の夫人によって植えられたことで有名です。桜の美しい疏水沿いの道を一歩は逸れて山裾の道を歩けば、静寂に包まれた中に佇む寺社が、風情ある建物や苔、白砂の美しい庭園と四季折々の花で参拝者を迎えてくれます。

 哲学の道の入口となる若王子橋を渡ると、京都三熊野神社のひとつ 熊野若王子神社 が建っています。

  哲学の道1  哲学の道3
    若王子橋                         熊野若王子神社拝殿

 境内の入口にそびえる樹齢400年を超える『梛の木』は参拝者の心を清める『禊の木』として知られ、この木の葉で作られたお守りは結婚、進学、その他さまざまな悩みを祓うお守りとして人気があるといいます。桜が舞い散る境内には茶店が置かれ、参拝者がのんびりと休息している光景に心が和みます。

 境内を出て再び若王子橋を渡り哲学の道沿いを歩けば、頭上に、川にと桜の花びらが降りかかり、花吹雪の中を歩いているような気分になってきます。

  哲学の道4  哲学の道7

 そして、大豊橋を渡れば、縁結びや安産のご利益で知られる 大豊神社 の参道に入って行きます。道の両脇には山野草やアジサイ、花木などが植えられていて、て四季折々さまざまな花と出会える花好きな人にとっては楽しみな参道です。芽吹き始めた草花や花木に目を移しながら進むと、鳥居の奥にはシダレサクラやさまざまな椿が花を咲かせ、それほど広くない境内を包んでいます。木々がうっそうと茂る東山三十六峰のひとつ椿ヶ峰を背後に並ぶ社殿、大国社の入口の『狛鼠』の頭と周囲には色とりどりの椿が置かれる遊び心が・・・

  哲学の道5  哲学の道6
    大豊神社拝殿                      狛鼠

 鹿ケ谷一帯の産土神として信仰される大豊神社、境内に植えられている花と愛嬌ある狛鼠のすがたに心も癒されます。

 そして、再び哲学の道へ。

 疏水沿いにはミツマタ、雪柳、レンギョウなどの春の花が入り乱れて桜との共演を演出、そのシャッターポイントを求めて右に左にと人の波が移動する状態を、しばし見入ることに・・・

  哲学の道14  哲学の道8

 人の波をぬうように寺ノ前橋を渡り、東に進むと 谷の御所 霊鑑寺門跡 の石段が見えてkます。通常は非公開の寺院は春と秋に特別公開されているので、天然記念物にもなっている『日光』をはじめ『霊鑑寺椿衣笠』など30種類を超す椿が植えられた庭園を拝観に境内へ。広々した石段をのぼり門を入ると、足元を染めるような散り椿の木が出迎えてくれ、水盤や玄関前の竹筒にはさまざまな椿が置かれるなど尼寺らしい愛らしい飾り付けに思わず足が留まります。

  哲学の道14  哲学の道10

 山の緑を背景にゆるやかな斜面に建つ本堂や書院、経蔵などが、上下二段に分かれた庭園の中に取り込まれたかのように見える境内は、春を謳歌する花たち、そよぐ風に舞い落ちる花びら、そして芽吹き始めた楓・・・と自然を凝縮したようで、そこにたたずんでいるだけで大自然に抱かれているような心地がします。

  哲学の道9  哲学の道11 

 霊鑑寺から山裾の道を北に進むと右手の石段の上に、閑静な茅葺きの山門が見えてきます。悲話が伝わる 安楽寺 の山門は、すでに新緑の中に。法然の弟子の住連房・安楽房が開いた念仏道場に始まる寺は後鳥羽上皇の女御の松虫・鈴虫姉妹の出家という事件により荒廃するも、のちに両僧の供養のために、この地に伽藍が建立されたといいます。ひっそりと閉ざされた門の奥に広がる庭園は皐の名所として知られています。

  哲学の道12  哲学の道13
    安楽寺山門                        法然院山門

 さらに山裾の道を進むと、鬱蒼とした森の中に 法然院 の寺域が広がっています。少し傾斜になった石畳の参道を進むと、萱葺の山門が木漏れ日の中に静かに、趣き深くたたずんでいます。くぐった門の先には『白砂壇』が両側にのびています。水の流れを表わす白砂壇の模様を季節ごとに描き変えられるので、今は桜の花びらが描かれています。白砂壇で心を清めて境内を奥に進み、本堂の少し開けられた戸の間から御本尊様に手を合わせ、ひと時、静寂な境内を堪能・・・

 法然院から洗心橋を渡ると春爛漫な 哲学の道 の散策も終盤です。はや、葉桜になりかけた道沿いの桜に群がる人は一層数を増し、銀閣寺前は観光客であふれ返っています。その誰もがにこやかで、満足げな表情に、花見の代名詞である『』は春が贈る最大のプレゼントであることを改めて感じた 哲学の道 の散策でした。

   哲学の道15


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR