FC2ブログ

2018 桜紀行 2 南禅寺 ~ 石川五右衛門を気取りで眺める桜 ~

 京都五山の最高位に君臨した 南禅寺 は正式には『瑞竜山太平興国南禅禅寺』 平安時代初期に造られた禅林寺(永観堂)の中に亀山上皇が離宮を造られ、その離宮が上の宮と下の宮から成っていて、下の宮を亀山天皇が深く帰依したいた大明国師に与えて寺とし、禅林寺の南にあったため『南禅寺』としたといいます。天下の大盗賊・石川五右衛門が『絶景かな、絶景かな』と見得を切った伝説で知られる三門はあまりにも有名で、南禅寺の代名詞になっています。

 勅使門を入ると花を落とし始めた桜と入れ替わるように眩しいほどの若葉が山内に広がっています。石川五右衛門が見得を切ったといわれる三門は寛永5年(1628)東堂高虎の寄進によるもので、石川五右衛門が釜茹でにされた三十数年後の建立といいます。三門の回廊からは、眼下に境内の四季折々の風景、そして遥か彼方に京の街を眺めることができます。春の南禅寺、豪壮で厳めしい三門と桜の取りあわせ、春のロマンが感じられます。

  南禅寺2  南禅寺1

 三門の先に建つ法堂(仏殿)は明治に再建されたもので、天上には豪壮な龍図が描かれています。その法堂の近くでは桜が枝を広げる美しい構図が・・・

  南禅寺3  南禅寺4
    法堂                            法堂に映える桜

 そして、法堂の奥には黒い木組みが白壁を仕切る庫裡が建ち、玄関を入ると方丈、書院が建っています。大方丈は豊臣秀吉が寄進した御所の清涼殿を移建したものといわれ、内部は狩野元信や永徳の障壁画で飾られ、まるで美術館にいるような感覚になります。大方丈の前には小堀遠州の作と伝わる『虎の児渡し』とよばれる庭園が広がっています。

  南禅寺5  南禅寺6
    庫裡                            大方丈

   南禅寺11
     方丈庭園

 境内の賑わいが嘘のような静寂な本坊には方丈庭園のほか幾つもの庭があり、趣きが異なるそれぞれの庭は印象深く、心を落ち着かせてくれます。

  南禅寺7  南禅寺8
                              
                  南禅寺9

 取だって名のある桜があるわけでもなく、さりとて桜苑があるわけでもない 南禅寺 ですが、広い境内のそこかしこに咲く桜を見ながらの散策は石川五右衛門ではありませんが、そこには絶景と感じる桜の風景に出会える楽しみがあると私は思います。

   南禅寺10

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR