FC2ブログ

御香宮神社 ~ 幕末、薩摩藩の屯所となった御香水が湧く神社 ~

 酒造りには欠かせない名水が湧く伏見は、豊臣秀吉が築いた伏見城によって生まれた城下町として知られていますが、幕末、『鳥羽伏見の戦い』『寺田屋事件』などの大きな事件の舞台となった地としても知られています。その伏見の街には今も、豪華な桃山時代、幕末の動乱の面影があちらこちらに残されています。

 『伏見の七名水』のひとつ『石井の御香水』が湧く 御香宮神社 も鳥羽伏見の戦いでは薩摩藩の屯所であったといいます。御香宮神社は初めは御諸神社』と称されていましたが、平安時代貞観4年(862)9月9日、境内から香りのよい水が湧き出し、この水を飲むと病がたちまち癒えたことを知った清和天皇から『御香宮』の名を賜ったといいます。しかし、伏見の産土神として信仰を集めまた神社はたびたびの兵火で衰退。その後、秀吉が願文と太刀を献じ、さらに伏見築城に際して、城中に鬼門除けの神として勧請して社領を献じ、勢いを盛り返したといいます。神功皇后を主祭神する神社は神功皇后の神話における伝承から安産の神として信仰を集めています。

 かつて東の丘陵上にあった伏見城に向かう道だあった大手筋にそびえる朱色の門をくぐり、しばらく行くと、左手にどっしりと落ち着いた豪壮な門が建っています。

  御香宮神社1  御香宮神社2
    大手筋にそびえる鳥居                 表門
  
 神社の表門となる門は德川頼房(家康の11男)が伏見城の大手門を拝領して寄進したもので、中国の二十四孝の彫刻を施した蟇股は桃山時代の建築装飾の代表例といわれています。

  御香宮神社3  御香宮神社7  
    蟇股の彫刻                        参道

 門をくぐった参道の右手には桃山天満宮の社が建ち、その先には伏見城跡の残石がゴロゴロと積まれています。

  御香宮神社5  御香宮神社6
    梅の香が漂う桃山天満宮               伏見城跡の残石

 さらに参道を進むと正面に大きな割拝殿、左手に能舞台っが建っています。

   御香宮神社8
     割拝殿

 正面の軒唐破風に鮮やかな色彩の彫刻に埋められた割拝殿の豪華さに目を見張り、屋根つきの廊下で結ばれた本殿の蟇股から柱にいたるまで極彩色の装飾がほどこされた豪壮で華麗な桃山時代の特色があらわされた社殿に圧倒されます。

   御香宮神社9
     桃山時代の特色があらわされた本殿

  御香宮神社10  御香宮神社4
    能舞台                           御香水の石碑

 本殿の左手には神社の名の由来ともなった御香水の落ちる樋があり、誰もが水を頂くことができます。

 そして、境内には松尾社、稲荷社などの摂社、御香水の霊験説話を画題にした絵馬の懸る絵馬堂などが建っています。
 
  御香宮神社13  御香宮神社14
    松尾社                           稲荷社

  御香宮神社12  御香宮神社11 
    絵馬堂                           蘇鉄 

 社務所前には大きなソテツが本殿を守るように植えられ、社務所の奥には小堀遠州ゆかりの石庭があります。遠州が奉行所内に作った庭園をみた徳川三代将軍家光が感銘を受け、褒美として五千石を加増され、一躍大名に列せられることになり、遠州にとっては出世の糸口になった庭園で、戦後に石を移して再現されたといいます。白砂に覆われた庭、周囲を囲む高低差のある木々、そして置かれている石・・・美しい庭に心がやすまります。

   御香宮神社15

 また、御香宮神社には多くの椿が植えられています。参集館傍らで咲く小堀遠州の命名と伝えられる『おそらく椿』、桃山天満宮あたりの藪・・・椿好きには何度訪れてもうれしい神社です。

  御香宮神社16  御香宮神社17
    藪椿                            おそらく椿

 幕末、薩摩藩の屯所となった御香宮神社ですが、幸いにも戦火は免れ、今も桃山時代を代表する豪壮華麗な本殿や拝殿を目にすることのできる古社。香しい清水をいただきに季節を替えて、また訪れたいと思います。



  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR