善光寺 ~ 極楽往生を約束してくれる寺院 ~

 『牛に引かれて善光寺参り』で知られる『善光寺』は、その昔、善光寺近くに住む不信心な老女が、軒先で布を干していると、大きな牛が現われて布を角に引っ掛けて駆けだしたので、老女は慌てて牛を追い駆けて行くと牛は善光寺の本堂に入ったので、老女も思わず善光寺参りをすることとなり、それ以来善光寺を信仰し、極楽往生したという諺から、『一生に一度は善光寺参り』にと訪れる老若男女は年間600万人以上といわれています。

 善光寺の創建は今から1400年程前の皇極天皇30年(644)といわれています。縁起によると、その昔、愛娘の病気を阿弥陀如来に救ってもらた印度の月蓋長者が、それまでの不心信を改心し、竜宮城の金塊を使って一光三尊阿弥陀如来を出現させ、長者の死後、如来は百済に渡渡って、聖明王のもとで手厚く祀られ、仏教伝来とともに日本に献じられますが、当時の日本は仏教の受容を巡って争いのさ中であり、如来は物部氏によって難波の堀江に投げ捨てられてしまいます。そしてある時、信濃国の本田善光が堀江を通りかかると『善光善光』と呼び止められ、「お前は、印度の月蓋長者、百済の聖明王の生まれ変わりである」と告げられたので、善光は如来を背負って故郷に持ち帰り、自宅に祀ったことが善光寺のはじまりと伝えられています。そして40年を善光の家で過したのち、現在の場所に移り寺が建てられたといいます。

 善光寺のある長野市は、南北に流れる千曲川と盆地を取りまく志賀高原や菅平など2000m級の山々が連なる善光寺平の中核の門前町として発展してきました。
  
  善光寺1  善光寺2
    善光寺平                         雪を頂いた菅平

 長野駅から中央通りと呼ばれる繁華街を15分程歩いていくと次第にゆるやかな坂道になり、善光寺の境内に入っていきます。表参道の右側には『善光寺講』の常宿である何軒もの宿坊が並んでいますが、様々な趣向を凝らした宿坊は観光客にも人気といいます。

  善光寺3  善光寺4
                            立ち並ぶ宿坊

 参道の左側、築地塀に囲まれた唐門の奥に善光寺本坊のひとつ浄土宗の大本願があります。尼寺にふさわしい清楚な佇まに心がひきしまる思いがします。

   善光寺5
     大本願

 大本願の先、数段の石段の上には堂々たる構の仁王門が建ち、高村光雲と米原雲海作の仁王像が参詣者を迎えてくれます。

  善光寺6  善光寺7
    仁王門                          仲見世通り

 仁王門をくぐると土産物店や仏具店が並ぶ仲見世通りが駒返り橋まで続き、通りには名物『おやき』の味噌や醤油の香ばしい匂いが漂っています。さらに参道を進むと左手に善光寺のもうひとつの本坊大勧進があり、位牌堂には武田信玄、上杉謙信の位牌が安置されています。そして右手には赤い涎掛けと帽子をのせた大仏地蔵と六地蔵が並んでいます。

   善光寺11
     大勧進

   善光寺10
     大仏地蔵と六地蔵

 そしてその先には、江戸中期の寛延3年(1750)に造営された唐様・和様の両様式からなる山門がそびえ、 『鳩文字』で描かれた『善光寺』の金色の額が掲げられています。この山門の内部には文殊菩薩、菩薩を守護する四天王、施行八十八カ所霊場分身仏が祀られ、さらに回廊からは善光寺の境内や人々が行きかう参道の眺望を撮影することができます。

  善光寺8  善光寺9
    山門                            「鳩文字」で描かれた額

 山門をくぐると香の香りが漂い、香炉からたちのぼる煙の先には宝永4年(1707)に再建された全国最大級といわれる国宝の本堂が建っています。。『無宗派』である善光寺は、浄土宗の大本願と天台宗の大勧進のそれぞれの住職が二人体制で住職を担い、すべての行事をそれぞれ一回ずつ、都合二回行われています。

                   善光寺13 本堂

 本堂の内部は広く、外陣・中陣・内陣に分かれています。堂内に入ると板敷の空間が外陣で、中央に『びんずる尊者(撫で仏)』が安置されています。びんずる尊者はお釈迦さまの弟子で、この像に触れると病気を治してくれるという信仰があり、びんずる尊者像はピカピカに輝いています。内陣に入ると頭上の欄間には、金色に輝く二十五の菩薩像が手に楽器を携え、音楽を奏でながら極楽よりお迎えに来てくださる姿が描かれていて、見ているだけで極楽が約束されてくるような面持ちになってきます。内陣正面の左側には瑠璃段壇があり阿弥陀三尊が安置されていますが、秘仏で開帳されることはなく、前立本尊の金銅阿弥陀如来及両脇侍立像が七年に一度開帳することで知られています。丑の年と未の年に開催される御開帳には全国か1000万にもおよぶ人々が参詣に訪れ、本堂内々陣に安置された前立本尊・中阿弥陀如来右手に結ばれた金糸と繋がる本堂前の大きな角塔婆(回向柱)に触れて御縁を結ぶといいます。

   善光寺15
     御開帳の時の本堂

 また、本堂に安置されている秘仏御本尊と結縁することのできる『お戒壇めぐり』は、瑠璃壇下の真っ暗な回廊を通り、中程に懸る『極楽の錠前』に触れると極楽浄土が約束されるといわれ人気スポットになっています。

 本堂の東南には南無阿弥陀仏の六文字にちなんで、6本の柱が特徴になっちる鐘楼が建っています。10時から16時の毎時ごとに撞かれる鐘の音は『日本の音風景百選』に選ばれ、また長野オリンピックの際には、開会を告げる鐘の音として全世界に響き渡ったことで知られています。 

 善光寺12  善光寺14
    鐘楼                            経蔵

 境内には他に経蔵や日本忠霊殿((善光寺史料館)、釈迦堂、講堂などの建物、さらに供養塔や墓地などもあり、歴史の長さを感じます。

 この地に生まれ育った私にとって、善光寺は初詣に、お彼岸やお盆に、そして境内の散策にと、折に触れ参詣した寺院。故郷を離れた数十年を過ぎてもここを訪れると懐かしい思い出が甦ってきます。いずれの宗派にも属さない無宗派の善光寺、『かならず極楽浄土に往生させる』というなんともわかりやすい功徳で、参詣者に安心をもたらしてくれます。亡き祖父母や父の菩提を弔いながら、自身の極楽往生を願い境内を後にしました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR