長浜別院 大通寺 ~ 桃山文化の世界が広がる「長浜の御坊さん」 ~

 浄土真宗の中興の祖と仰がれる蓮如上人は、その教えを広げるために全国各地を遊化したことで知られていますが、近江国はその布教の最大の拠点となり、なかでも湖北地域は真宗王国とまで言われるほどに真宗が広がりました。『長浜の御坊さん』と呼ばれ親しまれる 長浜別院 大通寺 はその中心道場として慶長7年(1602)に教如上人を開基に長浜城跡に創建され、慶安4年(1652)に現在地に移転したといいます。

 町家風の商店が並ぶ『ながはま御坊表参道』を進むと、正面に壮大な山門がそびえています。総ケヤキ造りの門は江戸末期に落成し、近世大型建築としては県内屈指の名作であり、その先には伏見城の遺構と伝わる本堂(阿弥陀堂)が建っています。

  大通寺1  大通寺2
    ながはま御坊表参道                 山門

   大通寺4
     本堂(阿弥陀堂)

 寺伝によれば、伏見城の殿舎であった建物を東本願寺の御影堂として用いていたものを承応年間に移築して本堂とし、本堂から渡り廊下でつながる大広間も本堂と同様、承応年間に東本願寺から移築され、その玄関は当寺の住職の内室となった彦根藩主・井伊直惟の息女数姫が祖師聖人五百年忌に建てたものといいます。

  大通寺7  大通寺3
    広間玄関

 書院造りの広間の内部は極彩色で描かれた花鳥図や人物図に圧倒され、豪華な桃山文化の趣は、寺院内であることを忘れてしまいそうになります。また、大広間の奥にある書院や客室の含山軒・蘭亭は狩野山楽・山雪、円山応挙による障壁画に襖絵で飾られています。それぞれの部屋の前に広がる含山軒庭園と蘭亭庭園はともに国の名勝庭園に指定される美しい庭園。観賞式枯山水の含山庭は東方にそびえる伊吹山を借景としていることから『含山軒』の名が生まれたといわれ、狭い敷地に長い池が掘られた蘭亭庭は池泉観賞式庭園になっています。ところどころに雪を頂いた庭園は静まり返り、差し込む光にどこかしら春の気配が・・・

   大通寺8
    含山軒庭園

   大通寺10
    蘭亭庭園

 長浜盆梅展と並ぶ早春の風物詩『あせび展』もはじまり、境内には門徒衆に混じり観光客の姿も見受けられた大通寺 は湖北の信仰心の篤さと美の数々に出会えるお寺でした。
 
   大通寺6 
     あせびの盆栽展 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR