FC2ブログ

矢田寺 ~ 「矢田地蔵」の呼び名で親しまれる古刹 ~

 三条通が寺町通と交差する賑やかな商店街を少し北に行くと、軒の下に提灯を吊る下げた 矢田寺 があります。

  矢田寺1  矢田寺2

 『矢田地蔵』の通称名で親しまれる 矢田寺 は奈良県大和郡山市にある 金剛山寺(矢田寺)の別院として、平安時代の承和12年(845)に五条坊門(京都市下京区壬生)に創建され、天正18年(1590)豊臣秀吉の京都改造により現在の地に移ったといいます。お寺の通称名となっている本尊・地蔵菩薩は開山の満慶上人が地獄で出会った地蔵の姿を彫らせたと伝えられ、地獄で人々を救うということから『代受苦地蔵』とも呼ばれており、その縁起を伝える『矢田地蔵縁起絵巻』が今もお寺には残されているそうです。

 商店街のアーケードに連なる屋根の下、『矢田地蔵尊』と書かれた提灯が吊るされる入口を入ると、せまい境内には数えきれないほどの火を燈した紅い提灯が吊る下げられ、親しみ深い雰囲気が漂っています。正面に安置された『代受苦地蔵』と呼ばれるお地蔵様は安産祈願・子孫繁栄・病患悉除・無病息災・恋愛成就の得られることで知られており、境内には奉納された絵馬や人気のぬいぐるみのお守りが掛けられ、人々の篤い信仰がうかがえます。

   矢田寺3 

  矢田寺4  矢田寺5
    大日如来                        石のお地蔵さま

 その境内には『送り鐘』と呼ばれる鐘がかけられています。この鐘はお盆の精霊を送るために撞かれる鐘で 六道珍皇寺 の『迎えj鐘』に対する呼び名といい、8月16日の精霊送りの日に撞かれています。

 そして、矢田寺ならではの行事のひとつに『かぼちゃ供養』があります。この行事は冬至にかぼちゃを食べると中風除けや諸病退散に良いといわれ、また忙しい師走に一息ついてほしいとの思いから始められたとのことで、師走の風物詩になっています。

 『矢田地蔵』と呼ばれ、人々の篤い信仰を集める 矢田寺は、 この界隈を通るたび、その明るい境に導かれるように入り、お地蔵さまに手を合わせてしまう親しみにあふれたお寺です。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR