油日神社 ~ 老樹に包まれた油の火の神を祀る神社 ~ 

 甲賀忍者の里で知られる滋賀県甲賀市油日に鎮座する 油日神社 は油の火の神として古くから信仰を集め、中世には甲賀の総社とされていました。近江を愛したことで知られる随筆家・白洲正子の著書『かくれ里』では一番最初に登場する神社で、平安時代の歴史書にもその名の記載があるといいます。鈴鹿山脈南部に位置する油日岳をご神体とする神社は、油日岳の山頂に油の火のような光とともに油日神が降臨したことから『油日』の名が付いたと伝えられ、山頂に岳大明神を祀る奥宮、里に油の神を祀る里宮があります。 

 油の火の神を祀る里宮は豊かな自然が広がる里の老樹が茂る森に囲まれひっそりと佇んでいます。木造の鳥居をくぐり、両側に石垣が積まれた参道を進むと楼門と回廊があり、楼門の奥には拝殿、本殿が一直線に並んでいます。檜皮葺きのこれらの建造物は室町時代の神社建築を伝える貴重なもので重要文化財になっています。

  油日神社1  油日神社2
                                   楼門
 
 楼門を入ると清められた境内が広がり中央に拝殿、一段高いところに本殿が建っています。

  油日神社3  油日神社4  
                                   拝殿   

  油日神社5  油日神社6
    拝殿                            750年以上の樹齢といわれるコウヤマキ

 軒唐破風をつけ正面に蟇股で飾られた拝殿、蟇股の蟇股や板戸に動植物の彫刻が施された本殿、簡素な美しさに心が引かれます。本殿の傍らで天に届くようにそびえるコウヤマキは樹齢が750年以上もあるとのこと、その生命力に感動します。

 そして、老樹の中に点在するお堂や社は素朴で懐かしく心に響く一コマを見せてくれます。見ているだけで懐かしさを感じる風景は絶好なロケ地ということで、この油日神社はドラマや映画にしばしば登場しています。

  油日神社7  油日神社8

  油日神社9  油日神社10

 観光からは遠い神社仏閣は訪れてみて知ることや感動することが多く、その感動やそこに存在する由緒、歴史を知りたくて神社仏閣を廻っていますが、この油日神社にも社殿とともに由緒ある能面なども所蔵されており、近いうちにまた訪れて拝見したいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR