FC2ブログ

八大神社 ~ 宮本武蔵ゆかりの神社 ~

 京都市左京区一乗寺にある 八大神社 は剣豪宮本武蔵ゆかりの神社として知られています。もともとは方除け、厄除け、縁結び、学業などの神として信仰のされた一乗寺の産土神であり、また、皇居守護神十二社の一社ひとつで、修学院離宮に行幸される後水尾、霊元、光格天皇が立ち寄られたといいます。

 白川通から曼殊院道を進んでいくと、狸谷不動明王道が分岐するところに松の木がたっています。ここは平安の昔から近江から京に通じる交通の要衝にあたり、旅人の目印として松が植え継がれ、南北朝時代までは一乗寺という寺があったことから『一乗寺下り松」と呼ばれ、現在の松は4代目といいます。その脇には『宮本・吉岡決闘之地』と刻まれた石碑が立っていますが、ここは、慶長9年(1605)、宮本武蔵が吉岡一門と決闘し、武蔵が勝利した地と伝わっているところで、映画『宮本武蔵一乗寺の決斗』の舞台になっています。

   八大神社1
     一乗寺下り松にたつ石碑

そこから狸谷不動明王道を250m程進むと大人気の詩仙堂、門前には観光者で拝観も順番待ち。目指す八大神社hその東隣、一段と高い山側にたっています。鳥居を入ると参道には映画のポスターやスチール写真がたくさん貼りだされていたり、境内には『武蔵開悟の地八大神社』の幟がたなびいて、神社は武蔵一色に。案内によれば、武蔵は決闘の朝、八大神社に勝利の祈願をしようと鰐口(本殿の軒下の吊るされた鈴)にの綱に手をかけたが、神仏に頼ろうとする自分の弱さに気づき、寸前で取りやめて一乗寺下り松に向かったとう逸話からといわれています。

  八大神社2  八大神社3

 武蔵、開悟の地とされる本殿には素盞鳴命、稲田姫命・八王子命が祀られ、本堂の横には若き日の武蔵の像、さらに吉岡一門と闘った地、一乗寺下り松の古木が保存されています。

   八大神社4

  八大神社5  八大神社6

 一乗寺の決闘が史実なのかどうかはわかりませんが、歴史ファンにとってこの神社は武蔵を語る上に必要な神社であることを再認識させられるところでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR