FC2ブログ

圓光寺 ~ 徳川家康が開いた旧学問所の庭を彩る紅葉 ~

 京都市左京区一乗寺にある 圓光寺 は慶長6年(1601)、徳川家康が教育と学問の発展を図るため、足利学校の学頭・三要元佶(閑室)禅師を開山に伏見に建立したのが始まりで、圓光寺学校には和書、朝鮮文書が数多く集められ、僧に限らず広く門戸を開放し入学を許したといいます。そして、足利学校に匹敵する学問所をめざしたといいます。寺には学問所で使用された朝鮮より輸入した木製活字によって印刷された多くの書籍が残されています。その後、寺は相国寺山内に移り、寛文7年(1667)に現在の地に移転し、近年までは南禅寺の尼寺として臨済宗唯一の尼僧修行道場の役割を担っていたといいます。

 住宅地の中に佇む圓光寺、普段は人影もほとんどないお寺が、紅葉の季節だけはただならぬ賑わいをみせます。人の波に歩調を合わせながら山門をくぐると右手に枯山水庭園の『奔龍庭』が広がっています。

  圓光寺1  圓光寺2
    山門                            奔龍庭

 さまざまな流れと渦を巻いた白砂にそびえ立った石柱は厳しさと斬新さを見せています。煌めく白砂、鮮やかな紅葉、光を受けた石柱・・・その光景はいつまでも心の中から離れそうにありません。庭の奥には瑞雲閣と名づけられた展示室があり、中には日本最古の木製活字、円山応挙筆の屏風などの寺宝が展示されています。

 そして、中門を入ると言葉を失うほどの見事な紅葉が目の前にあらわれます。

  圓光寺3  圓光寺4
                                   中門

  圓光寺5  圓光寺6

 悟りに至る10の段階を10枚の図と詩で表し『十牛図』を題材に造られたという池泉回遊式庭園は『十牛之庭』は、色とりどりの紅葉、苔の上に散る紅葉、庭一面に広がった敷紅葉とその景色に圧倒されます。手水鉢を用いた水琴窟の響きを耳に本堂に・・・

  圓光寺7  圓光寺8
    手水鉢を用いた水琴窟                本堂

 運慶作と伝わる本尊千手観音坐像が安置された本堂は庭を眺める人、人、人。

   圓光寺9
     本堂から眺めた『十牛之庭』

 庭園を散策すれば、洛北でもっとも古い池といわれる栖龍池や愛らしい石仏が・・・

  圓光寺11  圓光寺13
    栖龍池                          苔に埋もれる石仏

 鮮やかな紅葉と地面を覆う紅葉の庭園の南側には応挙竹林と呼ばれる竹林が広がっています。射し込む光と陽ざしを浴びた紅葉が影絵のように映し出された竹林、そよぐ風に竹葉が奏でる音が庭園の賑わいを忘れさせ、心地よさを誘ってくれます、そして、しばし、その竹林のなかに足を留めていると気持ちが安らいでいくような・・・

  圓光寺12  圓光寺14

 座禅堂の脇から裏山に上れば、徳川家康を祀った東照宮があり、さらにその先からは洛北や北山、遠く嵐山の山々を望む大パノラマを眺望することができます。

  圓光寺10  圓光寺16
    座禅堂                           東照宮

   圓光寺17
     堂宇越しの望む洛北の甍と嵐山の山々

 紅葉の名所で知られる圓光寺は春の桜、新緑にと、四季折々に美しい佳景を楽しめるお寺。今度は春の桜の頃に訪れてみたいと思いながら境内を後にしました。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR