FC2ブログ

赤山禅院 ~ 紅葉の名所で知られる御所の鬼門を守る寺 ~

 京都市街の北東部を走る叡山電車、その沿線の東側の山裾には文人や貴人が隠棲し、築いた風雅な名園が多く残さており、それらの名園は紅葉の名所としても知られています。比叡山延暦寺塔頭 赤山禅院 (せきざんぜんいん)もそのひとつ。慈覚大師円仁の遺命により、仁和4年(888)に弟子の安慧が創建した寺院で本尊には赤山大明神が祀られています。縁起によれば、遺唐船で入棟した円仁が山東省の赤山法華院にいる時、山神(赤山明神=泰山府君)に深く帰依され、その円仁が帰国の途中、大嵐に遭遇すると泰山府君が船上にあらわれ船路の無事を見守ってくれたことから、叡山に赤山大明神を勧請しようと志すも、存命中には果たせず、生涯を閉じる時、安慧に禅寺の建立を遺言したといいます。東山三十六峰に連なる赤山の麓に位置する赤山禅院は比叡山の守り神であるとともに、京都御所から表鬼門の方角にあたり、『皇城守護』の寺でもあります。

 白川通から音羽川沿いの修学院道を進み、赤山道の標識左に行くと、右手に赤山大明神の額をかかげた鳥居がそびえています。鳥居をくぐり、その先にある山門を入るとゆるやかな上り勾配の参道には幾つもの幟がたなびき、苔生した低い石垣の上に植えられたモミジが木漏れ日を浴びながら静寂な参道に彩りを添えて参詣者を迎えてくれています。

  赤山禅院1  赤山禅院2

   赤山禅院3

 鮮やかな紅葉に包まれながら参道を進むと、左手に石段があり、その先に拝殿、奥に本殿が建っています。拝殿の屋根上には陶製猿像が・・・大明神の眷属で、厄除け、疫病除けの神で知られる猿はここから遠く御所をにらんでいたようですが近世は商売繁盛の神として崇められています。そして、正念珠が入口にたてられた本殿には本尊・赤山大明神が祀られています。

  赤山禅院4  赤山禅院5
    拝殿                            屋根の上に鎮座する猿像

  赤山禅院6  赤山禅院7
    本殿                            地蔵堂

 境内には赤山大明神の化身といわれる地蔵菩薩が安置されている地蔵堂、日本最古の七福神である『都七福神』のひとつ福禄寿が祀られている福禄寿堂、伝教大師最澄が作ったとつたわる不動明王を安置する雲母不動堂、弁才天堂、御滝堂などの建物があります。

  赤山禅院11  赤山禅院14
    福禄寿堂                         雲母不動堂

  赤山禅院9  赤山禅院12               
    弁財天堂                         紅葉に彩られた境内                     

 堂宇を染める紅葉に感嘆しながら石殿を上った境内には縁結びの神で知られる相生社、金神社、歓喜天などが祀られています。

  赤山禅院13  赤山禅院15
    相生社                          還念珠

 堂宇や神社を拝観し終わると再び大きな数珠が。この数珠は還念珠で、本殿前の正念珠をくぐりながら、心に浮かんだ願いについて参拝の間思いつづけ、この還念珠をくぐりながら、その願いが大切と考えるならその願いに向けて努力することを誓い、仏に力をかしてもれえるよう祈ることでご加護が得られるという密教の考え方を示したものといいます。

 深山幽谷の趣きある境内は錦繍の世界に包まれ、ひっそりと寄り添うように置かれた石仏たちも落ち葉の波の中・・・その光景は一枚の絵ハガキのようなひとこまを思い出させます。そして見上げれば、鮮やかな紅葉に混じり込むように十月桜の淡いピンクの花が・・・秋に訪れる赤山禅院はいつもひそやかな紅葉の楽しみをもたらしてくれます。

  赤山禅院10  赤山禅院8
    落ち葉に覆われた十六羅漢と三十三観音    紅葉と十月桜

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR