月読神社 ~ 『日本書紀』にも登場する安産発祥の『月延石』を祀る古社 ~

 京都市西京区にある 月読神社 は、『日本書記』にも登場する歴史ある神社。月を司る月読尊を主祭神とする月読神社、文献によれば、顕宗天皇3年(487)阿閉臣事代が勅命により任那(古代に存在した朝鮮半島南部の地域)に赴いた際に、壱岐で月読尊の神託を受けたので、帰京後、山城国歌荒樔田の地(大堰川の河浜)に社を創建されたと伝えられ、斉衝3年(856)に松尾大社の南の現在の地に移り、江戸時代に松尾大社の境外摂社となったといいます。後世、疱瘡の神となり、また神功皇后が応神天皇を生む際にその石で腹を撫でたため安産になったという『月延石』が奉納されていることから『安産守護の神社』と信仰されています。

 酒造の神と崇められる松尾大社から南に歩いていくと、短い石段があり朱塗りの鳥居がそびえています。鳥居をくぐった先には土塀に挟まれて小さな門が開かれています。

  月読神社1  月読神社2

 松尾山を背にした境内は木々が空をおおって薄暗く、静寂の中に社殿が佇み、本殿は檜皮ぶき流造り、拝殿は入母屋造りで建てられています。

  月読神社3  月読神社4
    拝殿                            本殿

 本殿の横には祈願石をのせた『月延石』が祀られ、その脇には三本の幹が途中でくっついた珍しい『むすびの木』がそびえています。

  月読神社5  月読神社9
    月延石                           むすびの木  

 境内にはほかに、水上交通の守護の御船社、学問の神を祀る聖徳太子社が祀られています。

  月読神社6  月読神社7
    御船社                           聖徳太子社

  月読神社8  月読神社10
    穢解(かいわい)の水                  願掛け陰陽石    

 古代京都の神祇信仰や渡来文化を考える上で重要な忌を持つ神社といわれる月読神社ですが、訪れる人は『戌の日』の安産祈願が行われる日以外はあまりないようで・・・歴史からいささか忘れ去られたような神社になっていました。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR