FC2ブログ

飛鳥の里 3 ~ 岡寺 日本最初の厄除霊場 ~

西国三十三カ所第七番札所 岡寺 は日本最初の厄除け霊場として知られる古刹で、天智天皇の皇子・草壁皇子の住まいであった岡宮を下賜された義淵が創建したと伝わっています。開祖の義淵僧正は、東大寺の初代別当・良弁僧正や大仏建立の立役者・行基や玄昉、道鏡等の高僧・名僧を育てた奈良時代の仏教を興隆した先駆者の師として知られています。岡寺の正式名称は 龍蓋寺(りゅうがいじ) で、寺の近くに畑を荒らす龍がいて困っていたところ、義淵の法力によって小池に閉じ込め、大石で蓋をしたという伝説からとられているとのこと。こうした伝説はやがて信仰に発展、さらにそれまでの観音信仰に厄除け信仰が加わり、日本初の厄除け霊場が形成されたといいます。

 多武峰の西麓に位置する岡寺、急な坂道をのぼって行くと朱塗りの仁王門が目に盃ってきます。仁王像が迎えてくれる門をくぐり、キンモクセイの香りが漂う石段を上れば、絵日傘が並べられ秋の陽を浴びて境内に彩りを添えています。

  岡寺3  岡寺4
    仁王門                           秋の陽ざしに映える絵日傘

 山の斜面を背に書院、本坊、開山堂が並び、厄除鐘と呼ばれる鐘楼堂を過ぎると観音霊場らしい落ち着きのある本堂が建っています。

  岡寺5  岡寺6
    鐘楼堂                           開山堂

  岡寺7  岡寺8
    本堂                            龍王願い珠がかけられたモチノキ

 本堂の中央には空海が造ったとされる日本最大最古の塑像の如意輪観音座像が安置されています。高さ5メートル近くもある巨大な仏像はまじかで見るとその迫力に圧倒されます。西国三十三カ所観音霊場の札所となる以前から観音霊場であったといわれる岡寺の観音さまです。

 そして本堂の前には義淵が龍を封じ込めたという『龍蓋池』がありますが、想像していたものよりもかなり小さくで驚きました。

  岡寺9  岡寺10
    龍蓋池                           奥の院石窟

 龍蓋池から樹木の生い茂る道を進むと奥の院石窟があります。この石窟の中には義淵が悪霊を祈願した弥勒菩薩が祀られています。

 岡寺は花の寺としても知られているところで、奥の院から義淵僧正廟所に続く参道は『シャゥナゲの道もみじのトンネル』と呼ばれように紅葉が続き、出番を待っています。

  岡寺11  岡寺13
    義淵僧正廟所                      三重塔 

 三重塔は境内でも高い位置ににあり、眼下には本堂をはじめとする堂宇、そして飛鳥の里を一望することができます。

   岡寺12
     三重塔付近から見た境内

   岡寺15
     飛鳥の里

 ここから眺める飛鳥はたおやかな山々に囲まれ、のどかな田園が広がる里・・・万葉の風がそこはかとなく漂う里は至る所で史跡に出会え、ロマンあふれるところであることを改めて感じ、飛鳥の里にまた来たいという思いが募りました。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR