FC2ブログ

迎稱寺 ~ 時代劇を彷彿させる土塀の萩 ~

 吉田神社の東参道の坂道を下りてくると謡曲『東北』ゆかりの 東北院 があります。この寺はかつて藤原道真が建立した法成寺の東北の地の一郭に、常行三昧堂として建てられて道長の娘・上東門院によって建立され、その院内の小堂には彰子に仕えていた和泉式部が住んでいて、そこに植えた梅を愛しんだといいます。この和泉式部が愛した梅は『軒端の梅』といわれ、謡曲『東北』に採りあげられたて有名になったといいます。現在の東北院は元禄年間にこの地に再興されたものといわれ、本堂前に植えられている軒端の梅は謡曲『東北』に因んで植えられたものといいます。

  迎稱寺1  迎稱寺2
    東北院山門                        軒端の梅と本堂

 和泉式部ゆかりの軒端の梅は春には白い一重の花を付け、実までも結ぶといいます。春めいた夜に放たれる梅の香、若き日の和泉式部を偲ばせるのではとか、亡霊となった式部が境内や本堂にあらわれるのではとか・・・など、とほうもない想像をめぐらしてしまいました。

 東北院のある坂道には極楽寺、大興寺が軒を連ね、その先に今にも崩れそうな土塀が見えてきます。

  迎稱寺3  迎稱寺4
    極楽寺                           大興寺

 時代劇に登場するような古めいた土塀に囲まれた寺は『萩の名所』として知られる洛東九番・萩の霊場 迎稱寺(こうしょうじ)  創建については不明で、かつては天台宗の寺院であったとも、また鎌倉時代に一遍が時宗に改宗したともいわれているようです。京都の萩の名所は境内に植えこまれていることが多く、塀に沿ってあることはかなり珍しく、貴重ともいえる風景です。情緒に富んだ花景色には思いのほか早かったようで、塀の足元にしだれかかる赤や白の萩を見れなかったのは残念 気を取り直して、今回は頼りなげに枝を揺すり、花びらを地面に散らした風景を想像・・・近いうちに鄙びた里の風景を連想させてくれる風景に会いに来たいと思います。

  迎稱寺5  迎稱寺11
 
   迎稱寺6

 迎稱寺に未練を残しながら右に行くと 真如堂 の門前に出ます。『もみじの真如堂』で知れらている天台宗の寺院に人影はなく閑散としていますが、広々とした境内、緑の中で相輪を天高くそびえさせる三重塔、華美な飾りを排した伽藍・・・いつ訪れても疲れた心を癒やしてくれます(紅葉の季節を除いてはですが)

  迎稱寺7  迎稱寺8

 女人を救済してくださることで知られる真如堂、本尊・阿弥陀如来は『うなずき阿弥陀』とも呼ばれていますが、それは「一切衆生、特に女人をお救いください」との問いに頷いたことからといいます。静寂に包まれた境内に流れる清々しい初秋の風、紅葉を前にたわわな葉を茂らせた菩提樹、花をほころばせ始めた萩・・・と真如堂はいつ来ても心を和ませてくれます。

  迎稱寺9  迎稱寺10
    ひっそりとした境内                   紅葉を待つ菩提樹

 四季折々にさまざまな風景を見せてくれる『黒谷界隈』 京の路地裏歩きには最適なひとつです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR