吉田神社 ~ 吉田神道で知られる大元宮に祀られる八百万の神 ~

 京都市左京区吉田神楽岡にある吉田山は桓武天皇が平安京を定めたとき、都城の東北に位置し、鬼門にあたるとして比叡山とともに王城鎮護の山と崇められたといいます。この山の中腹に鎮座する 吉田神社 は平安遷都から65年後、貞観年間に藤原山蔭が藤原氏の氏神である奈良春日神をここに勧請したことがはじまりとされ、以来藤原氏の氏神として朝廷の尊崇を集め、室町時代中期に神官となった吉田兼倶が吉田神道を興してからは、広く一般の信仰を集めるようになったといいます。

 東大路通から京都大学の校舎が並ぶ東一条通を東に進むと朱塗りの鳥居がそびえ、松の木が植えられた参道を進むと左手に吉田町の産土神・今宮社の社が建っています。

  吉田神社1  吉田神社2
                                   今宮社

 今宮社の前の鳥居をくぐり、樹木の覆われた石の階段を上って行くと、子供達の賑やかな声が響き、社殿が並ぶ境内は人気もなく閑散としています。吉田神社は『節分厄除け詣り』発祥の地といわれ、節分会は旧市中の社寺の中で最も賑わう神社として知られています。

  吉田神社3  吉田神社4

 春日造りの本殿は第一、第二、第三、第四の横一列の四棟からなり、本殿の東側の小高いところには摂社の神楽岡社、若宮社が建っています。

   吉田神社5

  吉田神社6  吉田神社7
    神楽岡社                         若宮社

 吉田山は古くは神楽岡とも呼ばれ、神々のいる場所として崇められた霊域であったといわれ、そのためか山一帯に広がる境内には摂社や末社が多くあります。料理・飲食の祖神を祀る山蔭神社、和菓子の京都にふさわしい菓子の神を祀る菓祖神社、竹中稲荷社などが鎮座しています。深い緑の木立の中に朱色の社が祀られている光景は、自然の中に神々が鎮まっておられるように思えてきます・・・
 
  吉田神社8  吉田神社9
    菓祖神社                         山蔭神社

  吉田神社13  吉田神社15
                                   竹中稲荷社

 鎮座する末社のひとつ 大元宮 は吉田神社の社家である吉田家の斎の場所。かつては吉田家邸内にあったのを文明16年(1484)にこの地に移し、吉田家の根本殿堂としたといいます。吉田家は朝廷に仕え、陰陽寮において占のことを司った家柄で、一族からは学者・文人を多く輩出していますが、中でも『徒然草』の作者・吉田兼好、吉田神道を興した吉田兼倶が知られています。
 
 天神地祇八百万神を祭神とする大元宮、門の奥には神社建築では珍しい八角形の本殿が建っています。茅葺きの屋根、朱塗りの八角に六角の後房をつけた特殊の建築は吉田神道の原理により表現された社といいます。大元宮は全国の神に参詣したと同じ効験が得られるありがたい社です。

  吉田神社10  吉田神社11

   吉田神社12

 多くの神々が祀られている吉田山には表参道だけでなく北参道、南参道、東参道があります。森の小道の趣きをもつそれらの参道をあがった頂上の公園には三高の寮歌『紅萌ゆる』に吉田山が歌われたことを記念する碑がたてられています。

         吉田神社14

 かつては地域に暮らす人々の里山であった吉田山、生活環境の変化とともに失われてしまった自然の恵みは今、少しずつ取り戻すための再生の動きが進められているといいます。一日も早く、子供たちが生き物と触れ合ったり、自生している植物を見ることができる自然豊かな吉田山になることを願いつつ山を下りました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR