知恩寺 ~ 「百万遍のさんの手つくり市」で知られる浄土宗四ヶ本山 ~

 京都市内を南北に走る東大路通と東西に走る今出川通の交差点 百万遍 その名の由来は交差点北東に位置する 百万遍知恩寺 といいます。元弘元年(1331)日本各地で疫病が流行り、後醍醐天皇はさまざまな加持祈祷を行わせるも終息せず、天皇は知恩寺の善阿に命じて7日間百万編念仏を行じ、ようやく終息、その功績によって『百万編』の号を賜ったといいます。知恩寺は第三代天台座主慈覚大師円仁が開創したと伝わり、かつては賀茂社の神宮寺として相国寺あたりにあったといわれ、賀茂社崇拝する法然が入山後、弟子の源智が住持となって浄土専修念仏の道場とし、知恩寺と称し、寛文2年(1661)に現在の地に定まったといいます。

 今出川通にたつ総門を入れば、空が大きく開けた閑散として境内に本堂、阿弥陀堂、釈迦堂、勢至堂などの建物が建っています。

  知恩寺1  知恩寺2
    総門                            阿弥陀堂

   知恩寺3
      本堂

  知恩寺4  知恩寺5
    釈迦堂                          鐘楼

  知恩寺6  知恩寺7
    勢至堂                          納骨堂

 この静寂とした境内はときおり賑わいをみせる日があります。それは『手づくり市」『古本市』『骨董市』などが行われている時。何度か訪れたことがありますが、その光景はいつもの境内からは想像できない賑わいに驚きます。

 知恩寺は京都における浄土宗四ヶ寺本山のひとつ、法然上人二十五霊跡として参拝されています。歴史ある寺には寺宝も多く、特別公開の際には大方丈、庭園などとともに見ることができます。

 境内の東側にはにはいくつかの塔頭寺院が並び、そのひとつ 了蓮寺 は『洛陽四十八願所地蔵めぐり』の『水落地蔵』が安置されています。また、龍見院は関ヶ原合戦における伏見戦で戦死した鳥居元忠を弔うために創建された寺で墓所があります。

   知恩寺10
      了蓮寺

  知恩寺8  知恩寺9
    西門                            西門脇に立つ鳥居元忠墓の石碑

 浄土宗では古い歴史を持つ 知恩寺 静かな境内は心が休まる場所でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR