FC2ブログ

常林寺 ~  「萩の寺」で祀られる世継子育地蔵 ~

 秋の七草のひとつ『』は古くから日本人に親しまれている花で、『万葉集』では萩を詠んだ歌が一番多いといいます。初秋、風に吹かれれば頼りなげに枝を揺らし、雨に打たれれば小さな花びらを地面に散らす・・・その風情ある光景は万葉人ならずとも心が動かされます。

 京阪電車・出町柳駅のすぐ近くにある 常林寺 は昔から『萩の寺』として知られる浄土宗の寺院。天正元年(1573)に念仏僧魯道によって開創され、当初は寺町通荒神口に建立されていましたが焼失、寛文11年(1671)に現在の地に移転し再建されたといいます。江戸時代には知恩院の役番として活躍し、また幕末には若き日の勝海舟の京における宿坊として利用していたといわれています。

 川端通に面して山門を開く常林寺。門の前には『世継子育地蔵尊』の石碑が立っています。伝えによれば、この地蔵尊はこの寺がたつ以前からこの地に祀られていて、子授け、安産の信仰篤く、素の霊感は遠国にまでも知られており、門前の若狭街道を行き来する人々に親しまれ香煙が絶えなかったといいます。その地蔵尊は門をくぐった左手の地蔵堂に祀られています。

  常林寺1  常林寺2

 境内は『萩の寺』といわれるように萩で埋まり、本堂に向かう参道にまでもしだれかかっています。かつてこの付近には『砂川』という小川が流れ、砂の河原に囲まれていたといわれ、生育に砂地を好む萩には最適な場所だったのかもしれません。

   常林寺3
           
 ほんの少し開花し始めた萩と少し穂を見せ始めたススキ・・・ひっそりとした境内は初秋の気配に包まれて、そよぐ風までもが涼しく感じられてきます・・・常林寺では毎年9月敬老の日に『萩供養』が行われるといいます。いつか境内や参道の石畳にこぼれた萩の花を踏みしめて本堂まで歩いてみたいと思いながらお寺を後にしました。

  常林寺4  常林寺5





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR