化野念仏寺 ~ この世のもの悲しさを語る石仏・石塔で埋められた境内 ~

 京都・奥嵯峨の『化野』と呼ばれる一帯は古来から、『鳥辺野』『蓮台野』とともに葬送の地として知られています。境内を石仏・石塔が埋める 化野念仏寺 は、弘法大師がこの地に葬られた人々を追善するために五智山如来寺として開創、その後、法然上人が念仏道場とした浄土宗の寺院です。この由緒ある寺院をことさら有名にしているのが、毎年8月23,24日の夜に行われる無縁仏の霊にローソクをお供えする『千灯供養』 その幻想的な光景は嵯峨の夏の風物詩になっています。

 愛宕神社一之鳥居の門前にある嵯峨鳥居本の町並みを歩いていくと、『五山の送り火』のこの日、通りの一角では鳥居形の送り火に奉納する護摩木に願い事を書いている地元の人や観光客の姿が・・・

   化野念仏寺1 
     嵯峨鳥居本伝統的建造物保存地区 

  化野念仏寺2  化野念仏寺13
    奉納される護摩木受付所               五山の送り火 鳥居形

 町並みの中程、苔生した石垣があり、その入口にはあだし野の石柱がたっています。緑の苔と木漏れ日が揺れるゆるやかな石段、サルスベリの花びらが散る参道は真夏の暑さを忘れさせてくれます。足を踏み入れた境内の入り口近く、絨毯を敷き詰めたような苔の上には石仏がまばらに置かれ、塀に沿うように無数の石仏が並んでいます。

  化野念仏寺3  阿d氏の念仏寺4

  化野念仏寺5  化野念仏寺6 
                                   仏舎利塔(納骨堂)

 整然と石仏・石塔が並べられた『西院の河原』 この境内には8000体を数える石仏・石塔が祀られていますが、これらの石仏・石塔はあだし野の山野に散乱埋没していたものを明治時代に地元の人々が、極楽浄土で阿弥陀仏を聴く人々になぞられて配列されたものといいます。

   化野念仏寺7

  化野念仏寺8  化野念仏寺9

 室町時代のものが多いといわれる石仏・石塔、何百年という歳月により何時しか無縁仏となり、野の片隅に埋もれたもの、うち捨てられたもの・・・この世のもの悲しさが胸をよぎります。

 境内には湛慶作といわれる阿弥陀如来像が安置された本堂、庫裏、地蔵堂、萱葺の水子地蔵堂などの建物が建っています。

  化野念仏寺11  化野念仏寺10
    本堂                            地蔵堂

                 化野念仏寺12  水子地蔵 

 水子地蔵のお堂の先の『竹の小径』は、大きな竹が天を覆うようにのびていて、光のさえぎられた小径は無の世界に誘ってくれるような気持ちに・・・そして小径を上った先には広々とした青空はひろがり六面体地蔵が待っていてくれました。

  化野念仏寺14  化野念仏寺15
    竹の小径                         六面体地蔵

 石仏・石塔が織りなす 化野念仏寺 の風景は何度目にしても無常に心が震えます。
 いつかローソクが灯された幻想的な光と闇のなかでこの石仏たちに手を合わせられる日が来ることを願いながら境内を後にしました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR