FC2ブログ

竹生島 ~ 琵琶湖に浮かぶ神の住む島 ~

 『琵琶湖八景』のひとつ 竹生島 は琵琶湖北部の沖合いに浮かぶ周囲約2㌔の小島。神代の昔、伊吹山の神・多多美比古命が姪である浅井岳の神・浅井姫命と高さを競い合い、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を切り落とすと、その首が琵琶湖に落ちて生まれた島といわれ、それがあらぬか、竹生島は昔から『神の住む島』と敬われてきました。島には弁財天を祀る宝厳寺 と浅井姫命を祀る 都久夫須麻神社(竹生島明神) があり、行基の開基とされる宝厳寺の本尊・弁才天は宮島、江ノ島とともに『日本三弁才天』のひとつとして知られています。

 『琵琶湖八景 深緑・竹生島の沈影』に数えられている島は深い緑に覆われ、さざ波の湖面にぽつんとその印象的な姿を映しています。

   竹生島1

 船着場に降り立つと数軒の土産物店、本坊などの建物の先に『祈りの階段』と呼ばれる石段が続き、165段の石段を上りきると 宝厳寺 の境内に。入口に立つ、四方に四仏が配された五重石塔は鎌倉時代作といわれ、比叡山中から採掘された小松石で造られた日本に7つしかない重要文化財のひとつです。弁才天が祀られている本堂は昭和に建造されていますが、平安後期の様式を基本に造られており、その姿は降り立った鳳凰を思わせ、背後の緑とあいまって美しい風景を描き出しています。

  竹生島2  竹生島3
  
  竹生島4  竹生島5
    宝厳寺本堂                       三重塔

 弁才天には琵琶が付き物ですが、この宝厳寺にもいくつかの話が伝わっており、そのひとつが『平家物語』の平経正の『竹生島詣』です。 木曽義仲追討のため北国路に兵を進めていた経正が、戦勝祈願のため竹生島に立ち寄り祈願ののち、琵琶を奏でると、湖中から明神が白龍になって現われ、感激した経正は、戦勝疑いなしと喜び島を後にしたというもので、その逸話は謡曲の題材ともなり、芸能の神として崇められるようになったといいます。境内にはほかに三重塔、雨宝堂、宝物館などの建物が建ち、また境内から見下ろす雄大な風景は感動です。

 琵琶湖の眺望を楽しみながら石段を下りると観音堂が建っています。弘法大師が真言密教の秘法を納めたと伝わる観音堂の堂塔は豊臣秀頼が復興し、入口に立つ国宝の唐門は豊国廟の正門だったといいます。

  竹生島6  竹生島7
    観音堂                          国宝の唐門

 唐門から『船廊下』と呼ばれる渡り廊下をいくと 都久夫須麻神社 の本殿があります。船廊下の名はは秀吉の朝鮮出兵たおりに御座船として造られた船を利用して造られたことからその名が付いたといいます。

  竹生島8  竹生島10
    船を利用した船廊下                  廊下の下は崖造り                                          
   竹生島9
     国宝の都久夫須麻本殿

 舞台造りの建物は伏見桃山城または豊国廟から移築したと伝わっており、その豪華絢爛たる内部は圧巻です。そして、拝殿の前には龍神拝所があり、その下の岩場にある鳥居にかわらけを投げ、それが鳥居をくぐれば願いが叶うといわれ、鳥居の下は願いの込められたかわらけが一面に・・・

  竹生島11  竹生島12

 行基が弁財天を刻み、堂を建立したことがはじまりと伝わる『竹生島信仰』 明治時代の神仏分離令で宝厳寺を廃寺にして神社とするよう命じられたにもかかわらず、日本全国の崇敬者の強い要望により廃寺をまぬがれ、寺院と神社が境界を設けて両方が並存することになったといいます。

 神と仏一体の『信仰の島・竹生島』 また、その大きなパワーを授かりに行きたいと思います。

                                    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR