長弓寺 ~ 親子の悲劇から生まれた古刹 ~

 奈良県生駒市の富雄川沿いにある 長弓寺(ちょうきゅうじ) は聖武天皇がこの地で狩りをしていた時、供の小野真弓長弓が子の長麻呂の放った矢が誤って長弓に当り絶命。その不運を哀れんだ天皇は行基に命じて寺を建立させ、行基は十一面観音を安置し創建したと伝わる古刹。その後、延暦年間に藤原良継によって再興され、中世には隆盛するも応仁の乱の際に山名宗全方の落人により寺宝をことごとく破壊され、さらに天正5年(1577)に織田信長に寺領を没収され多くの建物を焼失、盛時には20院あったとされる塔頭が現在は4院が残っているのみです。

 真弓山橋を渡り、小さな山門をくぐると左手には宝光院地蔵堂が建っています。

  長弓寺1  長弓寺3
   真弓山橋                           宝生院地蔵堂

 真っすぐに伸びて参道を進めば池があり、その上の小高くなった所に阿弥陀如来を本尊とする薬師院、不動明王を本尊とする円生院、愛染明王を本尊とする法華院が建っています。これらの塔頭は住職のいない本寺の本堂を輪番制で護持しているといいます。

  長弓寺2  長弓寺4

  長弓寺7  長弓寺5
    薬師院                           円生院

  長弓寺6  長弓寺10
    法華院                           伊弉諾神社  

 そして薬師院と円生院の間にある石段を上れば長弓寺本堂が建っています。

   長弓寺8

 弘安年(1279)に建立されたという建物は入母屋造りで、檜皮葺の屋根の優美な曲線は今にも天に舞い上がろうと翼を広げる鳥の姿を連想させ、和様を主体に大仏様、唐様が混用された細部も調和がとれてた美しく国宝に指定されています。深い緑の木々を背後にひっそりと佇む本堂に訪れている人はなく、心ゆくまでその優美な姿を堪能 

   長弓寺9

 隠れたアジサイの名所で知られる境内には神仏混交の名残りを残す鎮守・伊弉諾神社、まゆみの鐘と呼ばれる梵鐘、石仏、宝蔵などがあります。

 静寂な中に佇む長弓寺は知る人ぞ知る名刹、季節をかえてこの優美な本堂をまた訪ねてみたいと思います。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR