諏訪大社下社(秋宮・春宮) ~  御神木をご神体と仰ぐ信濃国一之宮 ~

 諏訪大社下社も上社と同じく本殿を持たず、御神木をご神体と仰ぐ、古い神社の形式を残しています。

 大社通りのゆるやかな坂道を進むとその突き当りに 諏訪大社下社秋宮 の鳥居があり、左手に千尋池、右手の小高いところには八幡社と恵比寿社が祀られています。神橋を渡り、鳥居ををくぐると鬱蒼とした森のなかに御神木の『根入りの杉』が天高くそびえ、敬虔な雰囲気が漂っています。

  諏訪大社下社2  諏訪大社下社4 
                                   御神木『根入りの杉』 

   諏訪大社下社5
     神楽殿                     

 境内の中央には大きな注連縄をつけた神楽殿が建ち、その前には青銅製では日本最大といわれる狛犬が圧倒的な存在感で参詣者を迎えてくれます。神楽殿の後に重要文化財に指定されている幣拝殿・左右片拝殿、その奥に御宝殿が建ち、四隅には御柱がそびえ、おごそかな雰囲気に包まれています。

   諏訪大社下紗
     幣拝殿・左右片拝殿

  諏訪大社下社6  諏訪大社下社7

 境内にはほかに、皇大神宮社、若宮社、稲荷社、八坂社、加茂社、子安社、鹿島社が祀られ、宝物殿には大同年間に平城天皇から下賜されたとといわれる『売神祝印』と刻まれた銅印や下社関連の資料が展示されています。深い緑に包まれた境内を回り展望台に上がれば、眼下には下諏訪の町並み、その先に光を浴びて煌めく諏訪湖が広がっていました。

   諏訪大社下社1
     秋宮からの下諏訪の町並みと諏訪湖の眺望 

 そして、下社春宮 は秋宮から北西に1㌔ほど行ったところに鎮座しています。その春宮の正面参道には下社では最も古いと建造物の下馬橋で、俗に『太鼓橋』と呼ばれ、その特殊な形には目を奪われます。

  諏訪大社下社10  諏訪大社下社11
    下馬橋

 鳥居をくぐり石畳を進めば神楽殿、その横に『結びの杉』がそびえています。この杉は根元が一つで梢が二又に分かれていることから縁結びの杉と呼ばれ、男女の縁のみならずさまざまなものとの縁結びにご利益があるといわれています。

  諏訪大社下社12  諏訪大社下社13
    神楽殿                          『結びの杉』

 そして神楽殿の奥に建つ幣拝殿・左右片拝殿、軒にほどこされた獅子、鶏、龍などの見事な装飾彫刻に目を奪われます。

   諏訪大社下社14 
     幣拝殿・左右片拝殿

  諏訪大社下社15  諏訪大社下社16
    装飾彫刻                         筒粥殿

 また境内にある筒粥殿は毎年1月14日のよりから15日にかけて行われる下社特殊神事・筒粥神事の神粥炊き上げが行われる建物で、作物の吉凶が占われるといいます。

 この春宮境内から西方に流れる砥川にかかる細い橋を渡ると、巨大な自然石に仏頭をのせた不思議な石仏がたっています。

  諏訪大社下社17  諏訪大社下社18
    砥川と浮島                        万治の石仏

 『万治の石仏』と呼ばれる石仏は、江戸時代、高島藩主が石の鳥居を寄進する仕事を請け負った石工がこの地にあった大きな石にノミを入れたところ、石から血が流れ出したため、驚いた石工が鳥居を造ることをやめ、阿弥陀如来を刻み建立したといわれています。その名のとおり、『万のことが治る』とよまれ、物事を万事丸く治めてくれて、願いを叶えてくれる石仏として人々の信仰を集めてきたといいます。かの岡本太郎はこのアンバランスな石仏を愛してやまず、何回もここを訪れたといいますが、不思議な姿はどこかユーモラスで心が和みます。

 諏訪大社四社まいり、日本最古の神社のひとつでもある大社は多くの歴史にはぐくまれ、今なお多くの人々に愛されていることを知った貴重なものでした。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR