智恩寺 ~ 『知恵の文殊』で知られる古刹 ~

 天橋立の入口にある 智恩寺 は日本三文殊のひとつ『知恵の文殊』と称される臨済宗の寺院。寺伝によれば、平安時代の延喜年間に創建され、室町時代には足利義満や五山の僧、連歌師ら多くの有力者、文化人がこの地を訪れたといいます。

 両側に土産物店や飲食店が並ぶ参道を進むと大きな山門が建っています。江戸時代に上棟されたという二重門の山門は丹後地方では最大のもの、そして門をくぐった左手に建つ多宝塔は室町時代の建立で、丹後地方最古の木造建築といわれています。

  智恩寺1  智恩寺2 
    山門                            多宝塔

 雪舟筆の『天橋立図』にも描かれている文殊堂は智恩寺の本堂で、内陣厨子には獅子に乗った文殊菩薩、その脇に獅子をひく優闐王と経箱をかかげ持つ善財童子が安置されています。

   智恩寺3
     芳珠造りの文殊堂

 宝珠造りの美しい文殊堂が現在の姿になったのは江戸時代初期、宮津藩主・京極高広が行った修理によるもので、内陣を囲む4本の柱は建立されたと伝わる鎌倉時代のままといいます。その文殊堂の外陣の壁には芝居絵・俳額・算額など多くの絵馬が掲げられ、境内の木々にはたくさんの扇形のおみくじが付けられており、人々の文殊堂によせる信仰の深さがうかがえます。

           智恩寺4 扇みくじが揺れる松の古木

 境内にはほかに鐘楼、鐘楼門、方丈、無相堂、吉祥弁才天堂などの建物あります。 

  智恩寺6  智恩寺5
    鐘楼                            鐘楼堂

  智恩寺9  智恩寺10
    方丈                            無相堂

 また、手水鉢として使用されている鎌倉時代の鉄湯船や歌人・和泉式部の供養塔と伝わる石造宝筐院塔、室町時代のものいわれる石造地蔵菩薩などの貴重な文化財が残されています。

  智恩寺7  智恩寺8
    鉄湯船                          和泉式部ゆかりの伝承を持つ宝筐院塔

 『知恵の文殊』のほか、この地の名から『九世戸の文殊』や『切戸の文殊』とも呼ばれる 智恩寺 古くから人々の信仰を集めてきた寺院は信仰のみならず文化財にも接することができました。千年余の歴史にはぐくまれた古刹は天橋立にはなくてはならない大きな存在であることを改めて知った拝観でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR