FC2ブログ

北京紀行 6 ~ 街を歩く 繁華街の風景 ~

 北京市内にも繁華街と呼ばれるエリアがいくつもあります。北京を訪れる観光客が必ず足を運ぶといわれる 王府井・東単(ワンフーチン・ドンタン) は清朝時代から名をはせている繁華街。王府とは皇族の屋敷のことで、その屋敷の中に井戸があったことから『王府井』と呼ばれるようになったといいます。メインストリートとなっている歩行者天国の『王府井大街』には近代的なビルが立ち並び、流行最先端のショップや飲食店は多くの人でにぎわい、何処の大都会と変わらぬ喧騒が繰り広げられています。

  王府井2  王府井1
   王府井大街で存在感を示す北京百貨大楼     王府井小吃街入口

 その王符井大街から少し脇道に入ると『王府井小吃街』と呼ばれる清朝時代を模した屋台街があります。名物となっている生きたまま串に刺し揚げたサソリの串揚げをはじめとする軽食の屋台が並び地元民や観光客で賑わう通りは活気に包まれ、そこには年齢や国内外の違いを超えた風景が繰り広げられていました。

   王府井3
     賑わう王府井小吃街の屋台

 観光用の路面電車が走る 前門大街 は紫禁城(故宮)のいちばん南側にある正門・前門(正陽門)の前にはそびえる『箭門』の前に広がる繁華街。

  王府井5  王府井4
    前門大街入口にたつ正陽橋             箭門

 清朝代から繁華街だったとうい街は北京オリンピックを前にリニューアルされ、街路樹が通りを覆い、レトロ風に改築された建物がおしゃれな雰囲気をつくりだしています。

  王府井7  北京・前門
                              前門大街

 一方、リニューアルされた前門大街のなかほどから西に延びる『大柵欄街』には、清朝代から続く老舗が建ち並び、昔ながらの装飾をほどこした建物が残されています。

  王府井8  王府井10
    老舗が集まる大柵欄入口               脇道を入るとひっそりとして胡同が
 
   王府井9
     昔ながらの風情を残す老舗店

 この界隈では昔ながらの姿を残す老舗とレトロ風に改築した建物に最先端ショップが同居する両方を見ることができます。

 そして、ハイセンスな夜の町として知られるようになったのが『三里屯』です。各国の大使館が建ち並ぶエリアで、ここにはユニクロやアップルストアといった若者たちの人気のショップも多く、おしゃれな複合ビルも数多く建っています。

  王府井11  王府井12
    三里屯の夜空にそびえるホテル           街角で路上ライブをする若者たち

 新しい北京と昔ながらの風情を残す北京、今回はその両方が堪能できた素晴らしいものとなり、大満足で旅を終了しました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR