北京紀行 5 ~ 街を歩く 什刹海界隈 ~

 人口2000万人を超える大都市・北京 その中心といえる国貿・CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)には高層ビルには立ち並び、世界的な企業や5つ星のホテルも数多くあります。
 
  国貿1  国貿2
    国貿エリアにそびえる高層ビル            インパクトのある中国中央電視台

 天高くそびえる高層ビル群が北京の新しい顔としてあるように、故宮の北西に位置する 什刹海(じゅうさつかい)界隈 は什刹海エリアは悠久の歴史にはぐくまれた北京の顔。今も古き時代の香りが漂う什刹海を訪ねてみました。

 什刹海はかつて、北京の水源であるとともに北京と江南地方を結ぶ水運の拠点であったといいます。前海、后海、西海の3つからなる什刹海、前海の周囲に造られた公園は『什刹海公園』と呼ばれ、湖畔は市民の憩いの場所であり、落ち着いた風情は外国人観光客には人気のスポットとして知られています。

  什殺海1  什殺海5
    

   什殺海3
     什刹海をボートで巡る人々

 人気の什刹海のなかでも前海と后海の間に架かる石橋・銀錠橋付近は中心地としておしゃれなバーや飲食店が並ぶ人気のエリアです。

   什殺海4
     銀錠橋

 また、この界隈では北京を代表する伝統的風景『胡同(フートン)」巡り』を楽しむことができます。 『胡堂』とは北京の原風景ともいえる路地のことで、その数は大きな胡同は360、小さな胡同は数えきれないほどあるといわれていますが、再開発でその姿は年々消しているといいます。
  
  什殺海2  什殺海7
 
 車のすれ違いもままならない狭い路地に密集する住宅地、移動手段にはレトロな三輪リクシャが人気があります。

  什殺海12  什殺海6
    人気の三輪リキシャ                   湖畔で観光客を待つ三輪リクシャ

 散策する胡同には伝統家屋『四合院』が数多くあります。四合院とは中庭を囲むように4つの家屋が配置されているもので、大家族で賑やかに暮らしていたといいますが、今は年齢層の上の人々がひっそり暮らしていたり、レストランとして活用されているものも多いといいます。

  什殺海9  什殺海10
    レストランとして活用されている『四合院』      『四合院』の台所

 そんな胡同の伝統家屋『四合院』の門の前では結婚式の前撮りをするカップルが。あたりを散策する人たちの温かな拍手に思わず笑みをこぼす二人に幸あれと・・・

  什殺海8  什殺海11

 緑に包まれた湖畔、北京の原風景が残る胡同・・・什刹海の散策は心に残る忘れがたい思い出を刻んでくれました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR