FC2ブログ

北京紀行 1 ~ 世界遺産を巡る 故宮(紫禁城) ~

 ユーラシア大陸の東部に位置し、ロシア、カナダに次ぐ国土面積を持つ中国。その首都である 北京 は上海に次ぐ第二の都市で人口は2000万を超え、高層ビルの立ち並ぶビジネス街では成長する北京に圧倒されます。また、元、明、清はじめ歴代王朝の都であった北京は多くの場所が世界遺産に登録されています。その世界遺産の幾つかをこの目で確かめたくて北京を訪れてきました。

 北京に行ったなら、一度は見るべきといわれる 故宮、 かつては 紫禁城 と呼ばれ、明、清の歴代皇帝と皇后が暮らしていた皇宮で、現在はその空間がそのまま『故宮博物院』として世界遺産になっています。600年を超える歴史をもつ故宮はオフシャルなスペースである『外廷』と皇帝一家のプライベートスペースの『内廷』のふたつのエリアに大別され、その中には大小の建物があり、部屋数は約9000ともいわれています。

 中国の象徴である 天安門 は故宮の外城壁南端に位置する正門で、その門の前には世界最大級といわれる巨大な『天安門広場』があります。広場の中央には人民英雄紀念碑が立ち、人民大会堂と中国国家博物館の建物が向かい合うように建っています。

  故宮1  故宮2
    天安門                         天安門広場の中央に立つ人民英雄紀念碑

 そして、故宮の正面入口である『午門』を入り、金水河と呼ばれる人造の川に架けられた内金水橋を渡って故宮の中心部へ。外朝の入口である『太和門』を入ると紫禁城の中心となる正殿『太和殿』が白大理石でできた三重の基台の上に建っています。その壮大な規模は圧巻です 屋根瓦は皇帝にのみ許された黄色の瑠璃瓦で覆われ、屋根の端には仙人、龍、獅子や麒麟などの想像上の動物が一列に並ぶ『走獣』という装飾が施されています。また正殿前には日時計、鶴亀の香炉などがいくつも置かれ、権力の偉大さがうかがえます。

  故宮3  故宮4
    午門                            内金水橋と太和門

   故宮5
     太和殿

 太和殿の奥に位置する『中和殿』は太和殿での大典(公式行事)に赴く皇帝がその前に休息を取る場所、その奥にある『保和殿』は大典の前に皇帝が衣装を替える場所であったといいますが、清代には宴が行われ、乾隆期以降は科挙の最終試験が行われたといいます。また、この保和殿の北側中央通路には故宮で最も秀逸な龍を刻んだ巨大な一枚岩のレリーフがあり、皇帝は輿に乗ってこの上を進んだといいます。

  故宮6  故宮7
    中和殿と保和殿                     保和殿の中央通路の一枚岩のレリーフ

 この保和殿で公の場である『外廷』が終わり、皇帝一家が実際に居住したスペースの『内廷』となります。その正門は『乾清門』は清代には皇帝が諸大臣の政務報告を受ける場所としても使われたといいます。

  故宮8  故宮9
    乾清門                           九龍壁

 広大な規模を持つ故宮、今回は内廷を省略して外東路側にある『寧寿宮区』に向かいました。出発点にある『九龍壁』、瑠璃装飾の壁に描かれた9匹の龍が描かれています。そしてその北面にある『皇極門』を入ると乾清宮を模して建てられたという『皇極殿』があります。建てられた当初は『寧寿宮』と呼ばれ、かの西太后の60歳の宴はここでも開かれたといいます。

   故宮10
     皇極殿

 皇極殿の奥には乾隆帝が居住するために造られたが一度も居住することがなかった『養性殿』、乾隆帝が退位後の寝宮となり、西太后も暮らしたことのある『楽寿堂』が建ち、養性門近くには京劇用の舞台『暢音閣』が建っています。

  故宮11  故宮12
    養性門                          暢音閣

  故宮13  故宮14
    楽寿堂                          頤和軒

 楽寿堂の奥にある『頤和軒』は乾隆帝即位後、休息場所として使われたといい、東西の壁には自らの著作である『西師詩』『開惑論』が刻まれています。また、その奥にある『景祺閣』は、清末の動乱の中で光緒帝妃の珍妃が投げ込まれた井戸があることで知られています。

  故宮15  故宮16
    乾隆帝の自らの著作                 珍妃井

 周囲を川と城壁に取り囲まれた故宮の総面積は約72万㎡、南の正門である午門と北の正門である神武門の間、南北一直線上に配置された皇帝の起居する殿閣の数々、そのすべてを見るのにはどれだけの時間を要するのだろうか・・・1日8万人の入場制限が行われているとう凄さにも驚きますが、その巨大さはそれ以上に驚きです

  故宮17  故宮18
    映画『ラストエンペラー』に登場した通路      神武門

 故宮の北門、神武門を出ると景山公園があり、園内の南側にある人工の築山の『景山』の頂上には万寿亭が立ち、亭内には仏像が祀られています。

   故宮19
     景山にある万寿亭

 その景山の山頂からは瑠璃瓦の輝く故宮の殿閣や北京市内の四方を見わたすことができます。そして、改めて故宮の壮大さを実感させられました。

   故宮20
     景山から見わたす故宮

                       
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR