小浜 みほとけの里を歩く 3 ~ 萬徳寺 名勝庭園を見下ろす本堂に安置された阿弥陀如来像 ~

 若狭国の最高峰・百里ヶ岳を源とする遠敷川、その川沿いの集落には奈良から平安時代創建の天台・真言宗の古刹が多くあります。小浜市金屋にある 萬徳寺 もそのひとつ。寺伝によれば、応安年間(1368~75)安芸国円明寺の僧覚応が、もとこの地にあった極楽寺を再興して『正照院』と改称、江戸初期、言現在の地に移され再興して『萬徳寺』と称したとのこと。萬徳寺は戦国時代若狭国守護大名武田氏の祈願所となり、国中の真言宗の本寺としての地位を与えられ、特に信豊は罪科を犯したものでもこの寺に入れば、俗世との縁が断ち切られ保護されるとする、駆け込み寺としての規定を与えられ、江戸時代になっても小花藩初代藩主京極高次や歴代藩主の祈願寺として崇敬されたといいます。

 道路から見上げる石段をのぼり、山門をくぐった右手に茅葺き屋根の書院が建っています。

  萬徳寺1  萬徳寺2
    山門                            茅葺きの書院

 江戸初期に造られたという書院は藩主の休憩所に供されていたといわれ、上段の間等も設けられています。書院の前には白砂が敷き詰められ、その奥に山裾を築山に利用した埋石式庭園が広がっています。国の名勝庭園に指定されている庭園は、金剛曼荼羅の庭園といわれ、中央に真言密教の本尊大日如来を表した巨石が置かれ、両脇の四個の庭石は阿閃如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来を意味し、斜面に置かれた多数の小石組みは諸仏が座る蓮台といいます。置かれた石の間には刈り込まれたツツジやサツキが植えこまれています。

   萬徳寺3
     書院庭園
  萬徳寺4  萬徳寺5

 日本紅葉百選にも選ばれている萬徳寺、庭園周辺には大小200本もの山モミジがあり、本堂に向かう苔生した石段にも新緑の美しいモミジが枝を伸ばして木漏れ日の参道をつくっています。
  
  萬徳寺6  萬徳寺7

 本堂には極楽寺の本尊であったという木造阿弥陀如来座像が安置されています。平安時代後期に造られた檜の一木つくりの阿弥陀像は穏やかな両眼、微笑みをたたえているような表情に心が安らいできます。

 高台に建つ本堂、眼下には萱葺の素朴な書院、初夏の陽ざしを受けて眩しい白砂、木の間からもれる光に鮮やかさをましたサツキ・・・自然がつくりだす美しい風景に感動  そして、モミジの紅葉を是非一度見てみたいとと思いながら境内をあとにしました。

   萬徳寺8

 萬徳寺から山裾を国道27号線に向って進むと、国史跡に指定された 若狭国分寺跡・国分尼寺跡 があります。奈良時代に聖武天皇の勅願によりこの地に建立されたという国分寺・国分尼寺は幾度かの災厄により焼失、現在は発掘調査で確認された伽藍配置の跡、江戸時代、小浜藩初代藩主京極高次が再建した釈迦堂があります。

  萬徳寺9  萬徳寺10
    南大門跡                         中門跡

 釈迦堂に安置されている木造釈迦如来坐像は兵火を免れた国分寺の本尊で、福井県内では最も大きなものといいます。また薬師堂には国分尼寺の本尊木造薬師如来坐像・阿弥陀如来坐像・釈迦如来坐像が安置されています。薬師如来坐像は鎌倉時代、春日仏師の作と寺伝では伝えられ、その見目麗しい仏像は狭い薬師堂の中でひっそりと祀られています。

  萬徳寺11  萬徳寺12
    釈迦堂(金堂跡)                    薬師堂

 仏像を拝観したのち、改めて史跡公園となっている境内に点在する国分寺跡をまわると、文献でしか知りえない天平の昔が偲ばれてきます。

 今回の『みほとけの里』めぐり、古刹で拝観した多くの仏像に心が癒された素晴らしいものでした。
 いつかまた、季節をかえてあの仏像たちに会いにいきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR