常照寺 ~ 名妓・吉野太夫ゆかりの寺 ~

 京都市北区の鷹峯三山の丘陵を西に望む地にたつ 常照寺 は本阿弥光悦が土地を寄進し、その子光瑳の発願によって、元和2年(1616)に日乾上人を招いて開創した僧達の学問所、鷹峯壇林(学寮)の跡で、山城六壇林のひとつとして広大な境内に大小の堂宇が並び、多くの学僧が勉学にいそしんでいた所です。その常照寺は天下の名妓とうたわれた 吉野太夫 (二代目)ゆかりの寺でもあります。吉野太夫は本名・徳子といい、幼女の頃からその美貌が隣近所でも名高く、その上に聡明で、14才で遊里の名妓の代表名である吉野太夫の名を継いだといいます。諸芸全般に優れた吉野太夫は本阿弥光悦の縁故で日乾上人に帰依し、自らの巨財を投じてこの常照寺に朱塗りの山門を寄進したといいます。その吉野太夫に因み、4月の第三日曜日には吉野太夫供養が行われ、大夫道中が開催されています。

 紅葉で知られる源光庵、光悦寺から東に数百メートル進むと鮮やかな紅葉が目に入りその下で『壇林』と書かれた石柱が立ち、『吉野桜』と呼ばれる桜並木の参道の先では吉野太夫寄進の山門 吉野門 が参拝者を迎えてくれます。

   常照寺1
      鮮やかな紅葉の常照寺参道

  常照寺3  常照寺2
     桜の花弁に覆われた参道               落葉の舞うの参道

   常照寺4
      『吉野門』と呼ばれる山門

 吉野門をくぐると右手には巨石でつくられた帯塚が、正面に本堂、その奥に書院が建っています。

   常照寺5
      本尊の十界大曼荼羅の置かれた本堂 

 本堂から境内に広がる紅葉の林を左手に進むと寺の鎮守社・常富大菩薩、その先に三体の鬼子母神像と十羅刹女を祀る鬼子母尊神堂があります。

  常照寺6  常照寺7
     紅葉に包まれた境内

  常照寺8  常照寺9
    常富大菩薩                        鬼子母尊神堂

 本堂から裏手の起伏の多い庭をめぐると聚楽亭、遺芳庵の茶席があり、遺芳庵には吉野太夫が好んだという大丸窓(吉野窓)が配されています。

  常照寺10  常照寺11
     聚楽亭                          遺芳庵

  常照寺12  常照寺13
                    吉野太夫が好んだといわれる『吉野窓』

 本堂の右裏手には墓地があり、その中央に開山廟が建ち日乾上人のお墓が祀れ、吉野太夫の遺言により葬られた墓は日乾上人の廟の裏手にあります。

  常照寺14  常照寺15
     開山廟                          吉野太夫の墓

 名妓・吉野太夫は華やかな世界から26才で身を引き、文雅風流の道にいそしむ京の豪商灰屋紹益の妻となり、紹益は光悦を中心とする芸術家の集いに、徳子は日乾上人に仏の教えを学ぶために、しばしば鷹峯を訪れていましたが、38才で病のためこの世を去りました。そして二人のロマンスは後世演劇や歌舞伎に戯曲化され多くの人が知ることとなりました。
 
 鷹峯は京都の中心地からは少し離れていますが、四季折々の風情に出会え、古の文化人を偲びながらの古刹めぐりも堪能できる素晴らしいところです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/25 09:13)

京都市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR