談山神社 ~ 木造十三重塔と恋愛成就のパワースポット ~

 奈良県桜井市の多武峯(とうのみね)山頂に鎮座する 談山神社(たんざんじんじゃ)は 藤原鎌足 を祀る神社として知られているが、明治初期の神仏分離の政策が行われるまでは鎌足の墓所として創建された寺院であった。談山 の名はここで中大兄皇子と鎌足が蘇我氏討伐のクーデター 大化の改新 を相談したという裏手の談山(かたらいやま)に由来することはよく知られている。

 山懐に抱かれる境内には数々の朱塗りの建造物が建てられ、桜や新緑、紅葉の名所として多くの人々が訪れる。

         談山神社1 紅葉に包まれた石段

 140段の石段を上ると懸造りの拝殿が目に入る。

 談山神社3 懸造りの拝殿

 さらに石段を上り、楼門を入ると本殿と拝殿がある。

             楼門 談山神社2

 本殿は江戸時代の再建になるというが豪華絢爛なものでここに鎌足公が祀られいる。拝殿には多くの宝物が置かれ、釣灯篭を廻らした拝殿から景色とともに素晴らしさを堪能することができる。
 
 談山神社5 拝殿からの眺め

 そしてこの神社でのシンボルともいえる 木造十三重塔 がある。

   談山神社7  談山神社6

 国宝の塔は勾配の緩い檜皮葺の屋根を積み重ねた構造で世界唯一のもの。紅葉に彩られた境内に映えるその美しさは圧巻 
 
 さらに境内の『けまりの庭』をはさみ、総社拝殿と神廟拝所がある。この神廟拝所には鎌足公神像、勝軍地蔵が置かれ、十億羅漢壁画なども見ることができる

       談山神社8 総社拝殿

          神廟拝所 談山神社4

 談山神社は古来より 縁結び信仰 があり、今もいくつかの祈願場所が残っている。拝殿下には『恋神社』といわれる東殿に続く『恋の道』があり、撫でて恋の祈願ができる『むすび磐座』など恋愛成就を願う 奈良のパワースポット といわれる。

 談山神社9  談山神社10
   東殿「恋神社」                     むすび磐座 
                       
 談山神社は神仏混淆の社殿や多くの宝物の拝観、祈願、桜、紅葉の鑑賞など市内から少しは離れてはいるが、観光名所としての要素を十分に持ち合わせている素晴らしいところ。是非一度訪れて頂きたい神社です。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/02 08:49)

桜井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR