法華寺 ~ 佐保路に建つ門跡寺院 ~

 東大寺の転害門から西に延びる佐保路の突き当りに建つ 法華寺 は聖武天皇の妃・光明皇后 が父 藤原不比等 の邸宅に建立し、聖武天皇御願の国分寺である 東大寺 に対して 国分尼寺 の総本山として知らている。正式名称は『法華滅罪之寺』といい、七堂伽藍を備えた大寺院であったというが平安遷都とともに衰退し、現在の構えは 淀君 によって整えられたものという。  
 
 築地塀に囲まれた境内は開いている南大門から正面に本堂を見ることができる。

  法華寺1

 拝観入口である赤門を入ると左手に鐘楼がある。

 法華寺2 法華寺3

 鐘楼の横にある池の中には護摩堂が建っている。

       法華寺4 護摩堂

 豊臣秀頼と淀君が再建した本堂には光明皇后をモデルにインドの仏師が刻んだといわれる十一面観音立像が安置されている。彩色を施さない素木の一木彫で、茎のついた蓮の葉と蕾を背中から光線のように放射させた光背ほ独奥のものという。同じ堂内には『平家物語』でよく知られる 横笛 の像も置かれている。建礼門院徳子の雑仕女であった横笛が滝口入道との恋に破れてこの寺に入り、髪を下ろして仏道修行に明け暮れて住んだという横笛堂も境内には残っている。

            横笛堂 法華寺6

 同じく境内にある浴室(からぶろ)は光明皇后が薬草を煎じ、その蒸気で多くの難病者を救済されたところといわれる。「千人の垢を自ら流し、らい患者の膿を自ら吸い取ったところ、その患者が阿閦如来であった」との言い伝えもある。建物の横には井戸も残っている。

        法華寺7 浴室

 法華寺で忘れてならないのが本堂の横にある日本庭園。御所のお庭を客殿とともに移築したと伝えられ、江戸初期の名園として国の名勝に指定されている。春の桜、初夏のカキツバタ、紅葉の頃は特に美しいといわれる。 

  法華寺10

 また花のある寺としても知られる法華寺には、境内の東側にはもう一つ 華樂園 名づけられた庭がある。東屋や蓮池が施され庭には椿をはじめ750種類ともいわれる花木や草花が四季折々、一年を通して鑑賞できるようになっている。

  法華寺9

 華樂園の近くに茅葺の建物は光月亭といい、18世紀頃の民家を移築したもので地方民家の貴重な遺構として文化財になっている。

        法華寺8


 大和三門跡寺院のひとつ法華寺は、女人の寺にふさわしい格調ある上品さの中に、凛とした清々しさの漂うお寺です。

 ~ 参考データ ~

  大和三門跡寺院   中宮寺(斑鳩町)  円照寺(奈良市)  法華寺(奈良市)
   
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/03 08:48)

奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR