びわ湖周遊 ~ 電車でぐるり一周 ~

 日本最大の湖 琵琶湖 は世界でも有数の古い湖で、古くは『 淡海 』とも呼ばれた。
 
     淡海の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 情もしのに いにしへ思ほゆ

この歌は 淡海 は万葉集で 柿本人麻呂 が 琵琶湖 を詠んだ歌としてよく知られている歌である。
 
 四季ごとに美しい表情を見せるこの湖を、車では何回か一周したことがあったのだが今回は電車で回ってみることに・・・

 車では湖の沿いに道路が続くが、湖西線は山沿いを走るので琵琶湖は下の方に見えて感じが少し変わる。堅田付近では春霞のかかったような湖面の彼方に 近江富士 と呼ばれる 三上山 が霞んでみえた。

  堅田 霞む三上山

 雪のかぶる比良の山並みが見えてくると、あちらこちらに雪が残っていた。対岸の琵琶湖大橋のちかくには冬の風物詩として知られるようになった 菜の花と雪のかぶった比良の山並み の風景が見られるとっておきの写真スポットが・・・

                比良山

  菜の花と比良山

電車が北に向かって進むとあたりは一面雪に覆われた風景が・・・

  安曇川 雪に覆われた安曇川の田園  
 
   彼方には雪を頂く伊吹山が 安曇川から伊吹山

   今津から伊吹山 今津から湖北方面

           マキノ付近 今津

 一面の銀世界も春の訪れを感じさせる景色が広がっている。春はもうすぐ

 近江塩津で湖西線を降り、北陸線をしばし待つことに・・・近江塩津から南下する北陸線は 余呉湖 を見ながら走る。三方を賤ヶ岳の山に囲まれた余呉湖は 天女の羽衣 や 龍神・菊石姫 の伝説が残る神秘の湖で別名『 鏡湖 』とも呼ばれている自然が多くある美しい湖。車窓にも神秘さが伝わってくるようだ。

  余呉湖

 米原を過ぎたころからは雪は消え、春を待つ田園風景が広がっていた。地域によりこれほど違いがでるのは早春だけではないだろうか

  米原 米原付近

 一路南下する電車は湖国でも有数の観光スポットである長浜へ・・・ 現在開催されている 長浜盆梅展 は長い歴史を持つ早春の風物詩だ。盆梅展の会場 慶雲館 は明治天皇が長浜行幸された際に行在所として建設された館で、庭園は植治といわれる七代目小川治兵衛の作とのこと。盆梅とともに是非見ておきたい。

  長浜盆梅展2 慶雲館

樹齢数百年の物もあるという盆梅 長浜盆梅展

  長浜盆梅展3 慶雲館庭園

 彦根を過ぎると琵琶湖からは次第に離れ琵琶湖を望むことができなくなってしまったが、湖東の田園が続く中を南下すると信長の居城があった安土に着く。
 
           安土付近 安土

  安土城址 安土城跡

 信長が天下統一の拠点として築城した安土城も完成からわずか3年で焼失してしまった。日本で最初に天守閣を備え、世界初の木造高層建築といわれる幻の城跡は、桜の名所になり多くの人が桜を楽しむ場所になっている。

 近江八幡、野洲、守山・・・と琵琶湖一周の電車旅は終了。こうして回るとまだまだ、紹介したいところが沢山あることを再確認してしまった。 徒然寺社巡り の旅はまだまだ続きそうだ。

スポンサーサイト

等持院 ~ 足利将軍家の菩提所 ~

衣笠山の南麓にある 等持院 は 足利尊氏 が 夢窓国師 を開山として建立した臨済宗の禅寺で、作家水上勉氏が少年僧としてここに寄宿されていた。等持院の名は尊氏の法号から名づけられた。寺格は 京都五山 といわれる 天龍寺相国寺建仁寺東福寺万寿寺 に次ぐ十刹の筆頭格で 足利将軍家歴代の菩提所 でもある。

 住宅が並んだ参道から衣笠山、立命館大学の学舎を背に庫裏の屋根を見ながら山門を入ると、閑雅な寺の雰囲気が漂う。

  等持院・庫裏


                等持院・山門 

         等持院・玄関


大伽藍であったといわれる寺院も応仁の乱で失い、現在の方丈は福島正則が妙心寺塔頭・海福院を移築したものとい、廊下は寺には珍しい 鴬張り になっている。

  等持院・方丈 書院

 この寺の最大の見どころである庭園は、夢窓国師作として伝えられる三大名園のひとつ。書院から眺める西の庭は芙蓉池を中心とした池泉回遊式で、山上には8代将軍・足利義政が好んだという 茶室清蓮亭 が立っている。

 等持院・西庭 西の庭

 茶室清蓮亭 等持院・茶室

 庭には椿、馬酔木、サツキ、クチナシ、芙蓉など四季折々の花が植えられ華やかさを添えている。中でも中央にある樹齢400年といわれる古木の椿は『 有楽椿 』と呼ばれ、織田信長の弟・有楽斎 が好んだと伝えられている。咲き誇る椿と苔の上に散る椿が趣きある風情を見せてくれるのだが、残念なことにまだちらほろ咲きだしたばかりだった

           等持院・胡蝶侘助

 等持院・胡蝶侘助2


 西の庭の一角には足利尊氏の墓と伝えられる宝筐印塔が・・・。

 等持院・足利尊氏の墓

 東の庭は『  』をかたどったといわれる 心字池 を中心とした池泉回遊式になっている。中ノ島にはかつて観音閣があったというが、現在は礎石だけが残っている。

            東の庭 等持院・東庭

  等持院・山茶花 東の庭に咲く山茶花

 また境内には他に霊光殿があり、尊氏公が念持仏として信仰していえた地蔵尊を本尊として、達磨大師、夢窓国師、歴代の足利将軍像が安置されている。


 参考データ

 夢窓国師作 三大名園

    西芳寺(苔寺)・ 天龍寺 ・ 等持院                 
 

木島神社(蚕の社) ~ 京都三珍鳥居 ~

 地下鉄東西線の終点・太秦天神川から歩いて5~6分ほどのところにある 木島神社(このしまじんじゃ)は 『 続日本紀 』にも登場する古社。境内に 養蚕神社 が摂社として祀られていることから通称 蚕の社 と呼ばれている。太秦を含めた嵯峨野一帯は平安京以前に、朝鮮半島から渡来した秦氏が開拓したを地域で、この木島神社も秦氏の建立によるもので、祈雨の神として信仰を集めている。

 三条通りに面した大きな石の鳥居から住宅や商店が並ぶ参道の正面に見える森が木島神社である。この森は 元糺の森 といわれ、下鴨神社の 糺の森 の前身という。

  木島神社

     境内にはこんな石柱も 木島神社・石柱

 境内には大きな藪椿の花が数輪ほころび始めており、その木の前には椿大明神の石柱が・・・

  木島神社・椿

                    木島神社・椿大明神

                
 明治以降の再建になる社殿は本殿。東拝殿、拝殿などからなっており、養蚕神社は東拝殿になる。

                木島神社・拝殿

  木島神社・拝所

 そして、京都三珍鳥居なる有名な『 三柱鳥居 』は本殿の西側に立っている。中央の組石は本殿ご祭神の神座であり、宇宙の中の心を表し四方より拝すことができるよう建立されているという。かつては豊富な水の涌く 元糺の池 の中に立っていたといわれる鳥居も今は水が涸れてしまっているが・・・

  木島神社・三柱鳥居

 住宅地の中にある神社には近所の方が熱心に手を合わせ、鳥居の前の石には穏やかな陽ざしの中でおばあちゃんが通りゆく人を眺めているのどかな風景が印象的だった。


  参考データ

 京都三珍鳥居とは

   厳島神社(京都御苑内)  唐破風鳥居
   伴氏社 (北野天満宮境内)  蓮華座鳥居   
   木島神社(蚕の社)      三柱鳥居
   
                  

 2013 京の冬の旅 1 ~ 東寺 小子房 ~

 京の風景にかかせない街のシンボル・五重塔がそびえる 東寺 は 平安京 を守る寺として 西寺 とともに創建され、のちに 弘法大師 が 真言密教 の根本道場とした 空海 ゆかりの寺。徳川家光 が再建寄進した高さ57mの塔は現存の五重塔としては日本最大となる。

  東寺

 九条通りから南大門を入ると金堂、講堂が直線に並ぶ。今回訪れた 小子房 は本坊の中にあり東寺の迎賓館として使用されている。ここは鎌倉時代に後宇多天皇が真言密教の修行道場として建てた庵で、南北朝時代には北朝の光厳天皇が政務を執り行っていた。現在の建物は昭和9年の再建になる。

        小子房正面玄関 東寺・小子房

 小子房の内部は六つの部屋からなり、障壁画は巨匠・堂本印象によって描かれている。水墨の襖絵にはところどころに小動物が描かれた優しい画風に小さなものへの愛を感じる。金箔の地に極色彩の障壁画には華やかな色合いに生きる喜びを感じる。ここに描かれた襖絵は真言密教の宇宙観思想の表現といわれるが、確かに見ていると雄大な宇宙を感じてしまう。こんな素晴らしい体感ができてうれしかった

 庭園は七代目・小川治兵衛の手がけた 『澄心苑(ちょうしんえん)』と名付けられた自然を大切にした庭。灯篭や木の枝が池に映り柔らかな冬の陽に映えていたのが印象的だった。

   東寺・小子房庭園

                  東寺・小子房庭園2

 またこの小子房で忘れてならないのが 蓮華門 である。

   東寺・小子房蓮華門

壬生通りに面して建つこの門には、空海が高野山に向けて最後にでた門で、その時不動明王が見送りに現れ蓮の花が咲き別れを惜しんだという伝説が残っている。但し、国宝である門は鎌倉時代の再建になる。

 毎月21日の『 弘法市 』には多くの人が集まる東寺も普段は広い境内で多くの伽藍が迎えてくれる静かな寺院。特別拝観のこの時期に一度訪れてみてはいかがですか


 参考データ

 7代目小川治兵衛作の京都の名勝庭園 

    無鄰菴庭園・平安神宮神苑・円山公園庭園・ウエスティン都ホテル葵殿・洛翠庭園
    
プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR