嵐山花灯路 2 ~常寂光寺~

嵐山一帯で行われている 花灯路 は散策路を和紙や竹で作った 露地行灯 にあかりを灯し日本情緒豊かな空間が広がっていた。

 花灯路  花灯路3

     花灯路2

    ライトアップされたトロッコ嵐山駅 花灯路・トロッコ嵐山駅

 
 花灯路に合わせ多くの寺社もライトアップされ 夜間特別拝観 が行われているので、そのひとつ 常寂光寺 を拝観。

 紅葉の名所として名高い常寂光寺は 日蓮宗 のお寺で、百人一首を選定した 藤原定家 の山荘『 時雨亭趾 』ともいわれているが、嵯峨には 二尊院厭離庵 も時雨亭趾になっているので・・・。常寂光寺という寺名はこの山腹の地が、仏教の理想郷、常寂光土 の観があることから命名されたとのこと。

 入口である総門をくぐると、頭上にはライトアップされた木が夜空に浮かび上がっていた。

    常寂光寺・山門 あかりの灯る総門

      夕暮れの空に広がる冬枯れの木 常寂光寺・ライトアップ

 さらに露地行灯の参道を進むと正面に仁王門があり、置かれている仁王像は運慶の作と伝えられている。

     常寂光寺・仁王門

 暗闇の境内は落ち葉の中に柔らかなの露地行灯が灯り、静かな時が流れていた。

                     常寂光寺・境内

   常寂光寺・境内2

                     常寂光寺・妙見堂
                
 仁王門の上に建つ本堂は伏見桃山城の客殿で、小早川秀明が寄進したという。さらにその奥に重要文化財に指定された 多宝塔 が嵯峨野の里を見守るかのように建っている。また、この多宝塔や本堂からは京都市街を一望することができ、大文字送り火を眺める穴場スポットになっている。

   常寂光寺・多宝塔 ライトアップされた多宝塔

      常寂光寺・夜景
        常寂光寺から見る京都市街の夜景

 昼の間はそれほど感じなかった寒さが日が陰り冷たい風が寒さを呼び起こしていたが、優しい行灯の光に包まれて心温まる夜であった。

 この嵐山花灯路は毎年12上旬から中旬にかけて行われ、今年12月17日まで開催されています。
スポンサーサイト

嵐山花灯路 1 ~野宮神社~

 花鳥風月の世界が広がる景勝の嵐山で師走の風物詩として定着しつつある 花灯路 は嵐山や嵯峨野の散策路を 露地の行灯と花 で演出し、周辺の寺社などを ライトアップ させる催しである。桜の頃の華やかなライトアップと異なり、葉を落とした木や緑の残る木が光に映し出される姿はまるで幻想の世界に入ったように思える。

   花灯路・嵐山 光に浮かぶ嵐山

     ライトアップされた嵐山と桂川 花灯路・嵐山と桂川

 中でも嵯峨野の散策路として名高い、野宮神社から大河内山荘まで続く 竹林の小径 のライトアップには多くの人が感嘆の声が響いていた。

 花灯路・竹林の小径3 花灯路・竹林の小径2

     花灯路・竹林の小径

 竹林の小径の入口に建つ 野宮神社 はかなりこじんまりとした社である。珍しい樹皮が付いたままの素朴な黒木の鳥居はかなり印象的だった。野宮 とは伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が身を清めた場所のことで、嵯峨野各地にあったようだ。紫式部の『 源氏物語 』の『 賢木の巻 』には、光源氏が娘に付き添い六条御息所を訪ねる場面が書かれているのがこの野宮神社らしいが・・・。さらにこの神社は 縁結びの神様 、子宝の神様 として知られ、多くの若い女性に人気がある。いつもの賑やかなの野宮神社に、この夜は雅楽の音色が響き渡り静かで厳かな雰囲気が漂っているように感じられた。

     野宮神社

   野宮神社・境内   野宮神社・境内2

 
 ライトアップされた拝殿や光に映し出された苔の庭が見事なまでに輝くの野宮神社はことのほか印象的であった。
プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR