安楽寺 ~ 鹿ケ谷カボチャ供養~

 哲学の道を少しはずれて山沿いの道を歩くと、カエデに覆われた石積の短い参道があり、その先に、茅葺きの山門が建つ小さなお寺、これが悲話の伝わる浄土宗住蓮山安楽寺
鎌倉時代のはじめ、法然上人の弟子、住蓮安楽が現在地より東の山中に念仏道場「鹿ケ谷草庵」を開いていた。両上人が勤める声明は、まことに美しく哀しく、多くの参拝者をあつめていた。その中に、後鳥羽上皇の女官として仕えていた松虫鈴虫の姉妹がおり、二人は清水寺で聞いた法然上人の説法が忘れられず、後鳥羽上皇が熊野に参拝の留守中に、密かに宮中を忍び出て、「鹿ケ谷草庵」を訪れ、両上人の前で剃髪出家して尼僧になってしまった。容姿も美しく教養も高かったので特に上皇のお気に入りであったため、上皇は激怒され、尼僧に導いた住蓮上人と安楽上人を断首に処した。さらに法然上人を讃岐へ流罪した。そのため、「鹿ケ谷草庵」は荒廃したが、法然上人が帰京し、両人の菩提を弔うために草庵を復興し『住連山安楽寺』と名づけ追善の寺とし、その後、江戸中期に、現在の地に本堂などの伽藍を建立した。
安楽寺は、通常非公開だが、春と秋、そして7月25日の『中風ましない鹿ケ谷カボチャ供養』は特別公開なる。

  安楽寺・山門前 
  参拝する人で賑わう山門前

この鹿ケ谷カボチャは当地発祥の京都伝統野菜の一つでひょうたん型をしたカボチャで、これを煮炊きして参拝者に振舞い、中風にならないようにと願う年中行事。またこの日は、宝物である掛軸の虫干しも行われそれを拝見することもできる。本堂での参拝を済まし、書院でカボチャを頂いたが、美味しかった
 
  安楽寺・本堂 本堂

安楽寺・鹿ケ谷カボチャ  安楽寺・供養カボチャ
 カボチャの置かれたテーブル              振舞われたカボチャ

境内はツツジとサツキの刈り込みで埋め尽くされているが、真夏の今を数本のキキョウが静かに揺れていた。

  安楽寺・キキョウ 庭園に咲くキキョウ

また、本堂に向かいあうように住連上人と安楽上人の五輪石塔があり、境内の細道の奥に、松虫・鈴虫姉妹の小さな五輪塔が小山の頂に立っている。

安楽寺・安楽、住連の墓  安楽寺・鈴虫、松虫の墓
 住蓮・安楽上人の墓                  松虫・鈴虫姉妹の墓

普段はひっそりとしているこのお墓も、この日は詣でる人が絶えない一日である。


花データ

キキョウ~ キキョウ科 多年草

山野の日当たりの良いところに育つ。秋の七草の一つで開花期は6月中旬~8月下旬。太い根は漢方薬として用いられる。武士に好まれ、明智光秀の「桔梗紋」はよく知られている。光秀公の首塚のある京都府亀岡市の谷性寺は別名・光秀寺と呼ばれ、境内には明智家の家紋・キキョウが植えられて桔梗寺といわれる。
スポンサーサイト

貴船神社 ~京の奥座敷に涼を求めて~

 京の奥座敷と呼ばれる貴船は真夏でも京都の市街地より温度が7~10℃近く涼しく、涼を求めるには最適の場所。貴船川沿いには料理旅館が並び、夏は川床が置かれる。水音を聞きながらの食事は、より一層情緒ある気分にさせてくれる

貴船神社・貴船川  貴船神社・川床
 マイナスイオンいっぱいの貴船川          涼を演出する川床 

  貴船神社は貴船川沿いの道の中ほどに、赤い鳥居から朱塗りの灯篭がずらりと並ぶ石段を登りつめると本宮の社殿がある。この地は古くから鴨川の水源地にあたり、水を司る神様として平安時代から崇められてきた。本殿は平成に造営されたものだが、本殿の前には枯れたことのない神水が湧き出ており、参拝の人々の喉を潤してくれる。また貴船神社のおみくじは、霊水に浸すと文字が浮かび上がる『水占いみくじ』水を見ながらおみくじに浮かび上がる文字を待つのもたのしいかもしれない。

   貴船神社・参道 灯篭の美しい参道 

貴船神社・本殿  貴船神社・水占斎庭
 本殿                          湧き出る神水 

貴船神社の社殿は本宮、結社(中宮)、奥宮の3箇所に分かれて建っている。結社は縁結びの神として知られ、平安時代の女流歌人・和泉式部も心変わりした夫の愛を取り戻すために参拝して復縁したといわれ、若い女性の参拝も多いらしい。

貴船神社・結社  貴船神社・和泉式部歌碑
 結社(中宮)                       和泉式部の歌碑

 さらに老杉の茂る参道を行くと奥宮の赤い鳥居が見えてくる。中に入ると、ひんやりとした境内は人気も少なくひっそりとしている。伝説によると、神武天皇の母にあたる玉依姫命が黄船に乗って難波津から淀川へて鴨川を遡り、この奥宮の地に至り祠に水神を祀ったのが創建と伝わるとのこと。奥宮の社殿の手前には玉依姫が乗ってきたと伝わる船形石があった。

貴船神社・老杉並木  貴船神社・奥の宮本殿
 老杉並木の参道                       奥宮

 貴船川の清流、深い緑の木立は暑い日差しを遮り、予想以上に涼を与えてくれることうけ合いです。

参考データ~ 

 和泉式部は平安時代中期の歌人・恋愛遍歴が多く、逸話も多い。貴船神社に参拝した折に詠まれた歌が
 
 物思へば 沢の蛍も わが身より あくがれいづる 魂かとぞ見る   
 

 

大法寺 ~国宝・三重塔~

 夏の強い日差しの中、長野県小県郡青木村にある大法寺を訪ねた。藤原鎌足の子・定恵(じょうえ)の開基と伝わる天台宗の寺院は、国宝の三重塔があることで知られている。
惣門から参道を登ってい行くと、さまざまな表情の羅漢石像が並んでいた。そのユーモラスな表情には、思わず足を止め見入ってしまうほど 

  信州大法寺・羅漢像 表情豊かな羅漢石像

羅漢像を後に石段を登りつめた先の正面に観音堂がある。この観音堂内の厨子にはご本尊・木造十一面観音立像が安置されているが、拝観するには予約がいるので残念ながら観ることはできず(

  信州大法寺・観音堂 観音堂 

目指す三重塔は観音堂の上の小高い丘に 鎌倉時代末期に建立されたという塔は『見返りの塔』と呼ばれるだけあって、優美な姿をしている。優美な塔と新緑の緑が調和してより一層引き立って見えた。春の桜・初夏のサツキ・梅雨時のアジサイ・鮮やかな紅葉・雪を頂いた冬と、四季折々の塔を見てみたいと思った。

  信州大法寺・三重塔 新緑に映える塔

塔を見学してから本堂へ。ここには普賢菩薩像が安置されているが、残念ながらこちらも拝観は予約のみ。境内を散策しながら本堂を降りたところにお地蔵さんが並んでいた。のどかな村のお寺の雰囲気がして国宝をメインに押し出さない奥ゆかしさがうれしかった。

信州大法寺・本堂  信州大法寺・地蔵
 本堂                         本堂前のお地蔵さん

北向観音堂・常楽寺 ~「信州の鎌倉」 古刹めぐり 2~

 善光寺に詣でて「未来往生」を祈願し、北向観世音に参拝し「現世利益」を祈願しなければ「片参り」になると言われる北向観音堂は、平安時代初期に比叡山延暦寺の慈覚大師により開創された天台宗の寺院。北向観音の名称は本堂が北を向いていることに由来している。土産店が並ぶ参道の石段を登りつめた正面に本堂が見える。境内の手水舎で手を清めようとして驚きが()清めの水が温泉 改めてここは温泉地なのだと感じるひとコマが・・・

信州北向観音堂・境内  信州北向観音堂
 右側の建物が温泉水でる手水舎           北向の本堂

本尊である千手観音菩薩は厄除け観音として知られ、多くの参拝者が訪れ、境内には多くの著名人の歌碑や供養塔などが残されている。また、鐘楼の横にはカツラの木がある。カツラの木としてはそれほど巨木ではないが、映画の『愛染かつら』の因縁により、縁結びの霊木として愛染かつらの木として親しまれている。

     信州北向観音堂・愛染かつら 愛染かつらの木

 常楽寺は北向観音を護る本坊で、北向漢音堂が開創された際に別所三楽寺(長楽・安楽・常楽)の一つとして建立された茅葺き屋根の美しいお寺。『御船の松』と名づけられた見事な松の木と茅葺きの本堂が見事に調和している。夏の盛りには松の緑とサルスベリの赤い花がより一層本堂を引き立てるのではないだろうか

   信州常楽寺・松と本堂

本堂は色鮮やかな花の天井画が描かれ、本尊は宝冠を頂いた珍しい阿弥陀如来像で『妙観察智阿弥陀如来』と呼ばれるそうだ。

本堂裏の木立の中を行くと苔に覆われた石造の多層塔が数多く並び、その突き当りに国の重要文化財に指定された石造多宝塔があるが、ここは北向観音様が出現した所という。苔に覆われた塔は長い歳月を静かに見つめているように思えた。

信州常楽寺・多層塔  信州常楽寺・多宝塔
 立ち並ぶ多層塔                   重要文化財の石造多宝塔 

 今回、別所温泉は温泉と古刹拝観の両方が楽しめる観光地として是非お勧めしたい。

花データ

カツラ~ カツラ科 落葉高木
 ハート型に似た円形の葉が特徴で、秋には黄色く紅葉し、街路樹や公園樹に利用される。用途としては家具、鉛筆、将棋盤など。

            

インデックス

長野県
安楽寺   岩松院  北向観音堂・常楽寺  玄照寺  浄光寺  西證寺  諏訪大社上社    諏訪大社下社  大法寺
桜紀行~北信濃1~  桜紀行~北信濃2~  桜紀行~北信濃3~

岐阜県
横蔵寺  岐阜紀行1  岐阜紀行2  岐阜紀行3

福井県
多田寺  羽賀寺  平泉寺白山神社  萬徳寺  妙楽寺  若狭神宮寺

滋賀県

芦浦観音寺  石塔寺  石馬寺  石山寺  岩間寺  引接寺  浮御堂  延暦寺  園城寺  観音寺  義仲寺  教林坊  玉桂寺  金剛輪寺  金勝寺  桑実寺  正法寺  青願寺  西教寺  西明寺  石道寺  舎那院   常楽寺  神照寺  善水寺  大池寺  立木観音  竹生島  長寿寺  天寧寺  東門院守山寺(守山観音)  徳源院(清瀧寺)  百済寺  法明院  本福寺  松尾寺  村雲御所瑞龍寺   明王院  櫟野寺  蓮華寺 

神社
奥石神社  近江神宮  大笹原神社  大野神社  唐崎神社  沙沙貴神社  新羅善神堂  建部大社  太郎坊宮  天孫神社  苗村神社  日牟礼八幡宮  兵主大社  日吉大社   御上神社  三尾神社  

京都府

化野念仏寺  阿弥陀寺  粟島堂(宗徳寺)  安国寺(丹波)  安楽寺  安楽寿院  雨宝院  恵心院  圓通寺  厭離庵  愛宕念仏寺  笠置寺  蟹満寺  勧修寺  岩船寺  引接寺  観音寺(山崎聖天)  祇王寺  北向山不動院  迎稱寺  華厳寺(鈴虫寺)   建仁寺  源光庵  光悦寺  高山寺  興聖寺  高台寺  高桐院(大徳寺)  光明院  谷性寺  護浄院(清荒神)  金戒光明寺  金剛寺(八坂庚申堂)  金胎寺  金地院  金福寺  鞍馬寺 三千院  詩仙堂  地蔵院(竹の寺)   地蔵院(椿寺)  実相院  岩王寺  石像寺  酬恩庵  十輪寺  興正寺  常寂光寺  相国寺  相国寺(慈照院)  清浄華院  勝持寺  常照皇寺   正伝寺  浄土院  上徳寺  正法寺  上品蓮台寺  常林寺  浄瑠璃寺  神光院  神童寺   真如堂  瑞光寺  随心院  瑞峯院(大徳寺)  石峰寺  誓願寺  清凉寺  禅居庵(建仁寺)  禅定寺  善能寺  泉涌寺  泉涌寺(即成院)  泉涌寺(来迎院)  泉涌寺(今熊野観音寺)  双林院(山科聖天)  大雲院  大寧軒  大悲閣(千光寺)   大報恩寺  退蔵院  大蓮寺  滝口寺  狸谷不動尊  丹州観音寺  壇林寺  知恩院  知恩寺  智恩寺  智積院   天寧寺  長安寺  長建寺  長講堂   頂妙寺  長楽寺  出町妙音堂  天授庵  東寺(小子房)   等持院  当尾の里  東福寺  東福寺塔頭・芬陀院  南禅院  二尊院  仁和寺  野仏庵  毘沙門堂  日野誕生院  平等寺  遍照寺    峰定寺   報恩寺  法界寺(日野薬師)  宝筐院  法金剛院  宝厳院(天龍寺塔頭)  宝積寺   放生院(橋寺)  報土寺  宝塔寺  法然院   法輪寺(西京区)  法輪寺(達磨寺)  本法寺  本圀寺  補陀落寺   萬福寺  壬生寺  三室戸寺  妙顕寺   妙心寺(桂春院)  妙心寺(聖澤院)  妙法院   妙満寺  妙円寺  無鄰菴  薬師院(こぬか薬師)   祐正寺(妻娶地蔵)  六道珍皇寺  龍源院(大徳寺)  楞厳寺  両足院(建仁寺)   瑠璃光院  霊鑑寺  霊源院(建仁寺)  蓮華寺(左京区)  蓮華寺(仁和寺)  鹿王院  六波羅蜜寺  廬山寺  六角堂  

神社
天橋立神社  粟田神社  櫟谷七野神社  新熊野神社  今宮神社  石清水八幡宮  梅宮大社  大豊神社  上賀茂神社  河合神社  北野天満宮  吉祥天満宮  貴船神社  京都御苑  木島神社(蚕の社)   熊野若王子神社  護王神社  籠神社  御霊神社  幸神社  猿丸神社  下賀茂神社  城南宮  神泉苑  水火天満宮  崇道神社  晴明神社  大将軍八神社  月読神社  豊国神社  野宮神社  梨木神社  錦天満宮  日向大神宮  藤森神社  平安神宮  松尾大社  安井金毘羅宮  吉田神社  離宮八幡宮  六孫王神社 

奈良県 
飛鳥の里1  飛鳥の里2  飛鳥の里3  秋篠寺  飛鳥寺  石上神社  圓城寺  海龍王寺  観音寺  元興寺  久米寺  弘仁寺  十輪院  新薬師寺  談山神社  長弓寺  朝護孫子寺  伝香寺  白毫寺  不退寺   宝山寺(生駒聖天)  福智院  法華寺   南法華寺(壷阪寺)  般若寺  柳生  霊山寺   

大阪府
杭全神社  西方院  四天王寺  安居神社  勝鬘院(愛染堂)  清光院清水寺  正善院(四天王寺庚申堂)  叡福寺

兵庫県
淡路七福神めぐり~1~   淡路七福神めぐり~2~ 伊弉諾神宮  自凝島神社  光明寺      酒見寺  浄土寺  千光寺  朝光寺  西宮神社  廣田神社  

和歌山県

長保寺  根来寺   金剛峯寺  高野山(檀上伽藍)  高野山(奥之院)  高野山(金剛三昧院

神社
藤白神社  闘鶏神社

香川県
善通寺  金刀比羅宮

その他
エストニア  ラトビア  リトアニア   神戸布引ハーブ園  びわ湖周遊   台湾(台中・台南)  
台湾(高雄・花蓮)  台湾(台北)   醒井宿   五個荘  烏丸半島  美山   中国(蘇州1)  中国(烏鎮)  中国(無錫)  中国(杭州)  西の京~瑠璃光寺~  西の京~洞春寺~  九州紀行1~宇佐神宮~  九州紀行2~西国東~  九州紀行3~宮崎神宮・青島神社~  九州紀行4~鵜戸神社~  九州紀行5~霧島神宮~  九州紀行6~天草~  九州紀行7~長崎・崇福寺~  九州紀行8~長崎・興福寺~  尾道紀行~古寺めぐり1~  尾道紀行~古寺めぐり2~  尾道紀行~古寺めぐり3~  尾道紀行4~しまなみ海道の寺社~
比叡山・坂本   桜紀行~賀茂川堤~  桜紀行~上越~  桜紀行~高遠城址~  春日山城址  春日山林泉寺  桂林紀行~1~  桂林紀行~2~  桂林紀行~3~  桂林紀行~4~  桂林紀行~5~  長居植物園  安曇野紀行  湖国紅葉狩り~1~  湖国紅葉狩り~2~   桜紀行2  桜紀行3  桜紀行4  北京紀行1  北京紀行2  北京紀行3  
 北京紀行4  北京紀行5  北京紀行6  飛鳥の里1  ハウステンボス  グラバー園        

安楽寺 ~ 「信州の鎌倉」 古刹めぐり 1~

 長野県上田市にある別所温泉日本武尊が発見したと伝えられる信州最古の湯で、『枕草子』にも登場するくらい歴史ある温泉。上田電鉄別所線の終点、別所温泉駅のモダンな木造駅舎に降り立つと、羽織はかま姿の駅長さんがお出迎えしてくれるなんとも情緒ある街だ。温泉街には外湯があり、外湯での温泉三昧はオススメ 
またここ別所温泉は、鎌倉時代に築かれた国宝・八角三重塔を有する安楽寺をはじめ、北向観音堂、北向観音堂の本坊である常楽寺など古い社寺仏閣が多くあることから 『信州の鎌倉』 とよばれる文化財の宝庫でもある。

   信州安楽寺・別所温泉駅  モダンな木造駅舎

 八角三重塔のある安楽寺は1000年以上の歴史をもつ信州最古の曹洞宗の禅寺。伝承では奈良時代に行基が建立したのでは()、また平安時代の創立では()といわれているが定かではない。鎌倉時代に北条氏の外護により栄え、多くの僧が修行したが北条氏の滅亡後は、次第に衰退し当時の建造物は国宝の八角三重塔のみ。黒門を入り参道を進むと薄暗い木立の中に山門、その奥に手入れの行き届いた木々の間に、昔の茅葺き屋根の形をそのまま残した、落ち着きある本堂が見えてくる。その佇まいは何とも品のある姿に思えた。

信州安楽寺・本堂  信州安楽寺・本堂と庫裏
 落ち着いた佇まいを見せる本堂          本堂と庫裏

本堂の横には白壁の美しい経蔵がある。この建物は、江戸時代(1784年)に宇治の黄檗山万福寺から購入した鉄眼の一切経を保管するために建てられた。

   信州安楽寺・経蔵 白壁が美しい経蔵

 経堂を進むと松の緑に映えて、重厚な八角三重塔が見えてくる。全国でも唯一の八角形の三重塔は禅宗様の建築様式で、初層に裳階(もこし)をつけた珍しい形式。三重塔は数多く九見ているが、この八角三重塔は是非一度見たいと思っていてだけに感激もヒトシオ  堪能するまで見続けていた(

  信州安楽寺・境内  信州安楽寺・八角三重塔
  緑の松の中に映える八角三重塔    裳階をつけた八角三重塔

 満足感を胸に、次なる寺院・北向観音堂へ

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR