長弓寺 ~ 親子の悲劇から生まれた古刹 ~

 奈良県生駒市の富雄川沿いにある 長弓寺(ちょうきゅうじ) は聖武天皇がこの地で狩りをしていた時、供の小野真弓長弓が子の長麻呂の放った矢が誤って長弓に当り絶命。その不運を哀れんだ天皇は行基に命じて寺を建立させ、行基は十一面観音を安置し創建したと伝わる古刹。その後、延暦年間に藤原良継によって再興され、中世には隆盛するも応仁の乱の際に山名宗全方の落人により寺宝をことごとく破壊され、さらに天正5年(1577)に織田信長に寺領を没収され多くの建物を焼失、盛時には20院あったとされる塔頭が現在は4院が残っているのみです。

 真弓山橋を渡り、小さな山門をくぐると左手には宝光院地蔵堂が建っています。

  長弓寺1  長弓寺3
   真弓山橋                           宝生院地蔵堂

 真っすぐに伸びて参道を進めば池があり、その上の小高くなった所に阿弥陀如来を本尊とする薬師院、不動明王を本尊とする円生院、愛染明王を本尊とする法華院が建っています。これらの塔頭は住職のいない本寺の本堂を輪番制で護持しているといいます。

  長弓寺2  長弓寺4

  長弓寺7  長弓寺5
    薬師院                           円生院

  長弓寺6  長弓寺10
    法華院                           伊弉諾神社  

 そして薬師院と円生院の間にある石段を上れば長弓寺本堂が建っています。

   長弓寺8

 弘安年(1279)に建立されたという建物は入母屋造りで、檜皮葺の屋根の優美な曲線は今にも天に舞い上がろうと翼を広げる鳥の姿を連想させ、和様を主体に大仏様、唐様が混用された細部も調和がとれてた美しく国宝に指定されています。深い緑の木々を背後にひっそりと佇む本堂に訪れている人はなく、心ゆくまでその優美な姿を堪能 

   長弓寺9

 隠れたアジサイの名所で知られる境内には神仏混交の名残りを残す鎮守・伊弉諾神社、まゆみの鐘と呼ばれる梵鐘、石仏、宝蔵などがあります。

 静寂な中に佇む長弓寺は知る人ぞ知る名刹、季節をかえてこの優美な本堂をまた訪ねてみたいと思います。

 
スポンサーサイト

久米寺 ~ 『今昔物語』で知られる久米仙人建立と伝わる聖徳太子ゆかりの寺 ~

 奈良県橿原市にある 久米寺 は『今昔物語』などで知られる 久米仙人 が建てたとも、また聖徳太子の弟来目皇子が開基したとも伝わる寺院。

 伝説上の人物とされる久米仙人は吉野山の竜門寺に籠り、飛行術などの神通力を習得し、この術を使って空を飛んでいた時、川のほとりで洗濯をしていた若い女性の白い脛に見とれて神通力を失い墜落、そしてその女性を妻にしましたが、術を失えばただの凡人で生活が困窮。すると間もなく高市郡に都が移されることになり、宮殿建造のための人夫として材木を運搬する仕事をしていると、仙人であることを知った役人が大勢の人夫の前で揶揄したため、それに発憤し、7日7夜の修行の後、飛行術を取り戻すことができ、この飛行術をもって巨木を空運させ、スムーズに建造が進んだといいます。そしてこの不思議な出来事を耳にした天皇は褒美として、免田30町を久米仙人に賜り、その地に建立したのが 久米寺 といわれています。その後仙人は一切衆生の中風と下の病を除くために本尊の薬師如来に諸願を立て、中風除けの竹の箸を作り、自らの頭髪と歯を用いて作った自分の像を納めたとされています。一方、来目皇子の説は来目皇子が眼病を患った際、兄の聖徳太子の勧めで薬師如来に祈願したところ、満願の日に天から25菩薩とともに薬師如来が降臨し眼病が癒えたので、皇子はこの薬師如来を本尊に伽藍を建立、皇子の名を取り『来目の精舎』と呼ばれ、この由緒から眼病に霊験があるとして信仰を集めたといわれています。

 橿原神宮駅から西に5分程歩くと久米寺の山門が見えてきます。かつては相当な大伽藍を誇ったとされるように山門を入ると大塔跡に大きな礎石が残されています。

  久米寺1  久米寺2
    山門                            大塔礎石

 蝉しぐれに包まれた境内には幾つもの毘沙門天や地蔵などの石仏が並び、樹木に囲まれた中に多宝塔がそびえています。この多宝塔は江戸時代に京都の仁和寺より移築したもので、もとの多宝塔は養老2年(718)にインドから来朝した善無畏三蔵によって建立され、仏舎利と大日経が納められていたと伝えられているそうです。弘法大師空海はこの寺に詣でてこの多宝塔の『大日経』を知り、密教の妙義を学ぶために入唐して修行、帰国後真言宗を開いたことから久米寺は『真言宗発祥の地』ともいわれています。

  久米寺5  久米寺9
    多宝塔                           修行大師の像

 江戸初期の本堂には本尊薬師如来像や久米仙人坐像が安置されています。

   久米寺3

 境内には阿弥陀堂、観音堂、大師堂、三宝荒神堂などが建ち、桜、雪柳、ツツジ、アジサイの花木なの花木や草花が植えられ広い境内に色を添えています。特にアジサイは有名でアジサイの寺として知られています。

  久米寺4  久米寺6
    久米仙人像                        阿弥陀堂

  久米寺8  久米寺10
    大師堂                           三宝荒神堂

 歴史と伝説に満ちた久米寺、境内の片隅で往時を偲び、また訪れる機会があるならば桜が見頃な頃に訪れたいと・・・



観音寺 ~ 『おふさ観音』の名で親しまれるバラと風鈴の寺 ~  

 奈良県橿原市にある高野山真言宗別格本山 観音寺 は おふさ観音 の名で親しまれ、バラと風鈴のお寺として知られています。境内にはイングリッシュローズをはじめとする1500種ものバラが育てられており、色とりどりのバラが咲く光景は曼荼羅の世界に例えられ『花まんだらの寺』とも呼ばれています。また夏、2000個もの風鈴が飾られる『風鈴まつり』は大和の夏の風物詩になっています。

 縁起によれば、おふさ観音は本堂が建つこの辺りはかつて『鯉ヶ淵』と呼ばれる大きな池で、慶安年(1650)、この池の中から白い亀の背に乗った観音さま現われ、それを発見した土地の娘おふさがこの池に小さなお堂を建立して観音を祀ったことがはじまりといいます。

 山門をくぐると鉢植えのバラに埋め尽くされた境内の頭上には2000個ものさまざまな色や形をした風鈴が飾れれています。蒸し暑い日本の夏に涼しい風情をもたらしてくれる風鈴の音。風鈴を飾る風習は鐘の音が魔を払い、厄を払うという仏教思想から生まれたものといいます。

  おふさ観音1  おふさ観音2

 涼やかな風鈴の音色を聴きながら参道を進むと本堂があります。線香の煙が流れる本堂の軒下にはカラフルな短冊を付けた風鈴が風に揺れさまざまな音色を奏でています。その音色は心地よく、まるで清涼剤のように清々しい気持ちにさせてくれ、厄も払われたように思えます。

   おふさ観音4

 バラと風鈴に包まれた境内にはバラ園を取り囲むように鐘楼、大師堂、三宝荒神堂、恵比寿天や尊堂などの建物が建っています。

   おふさ観音3

  おふさ観音5  おふさ観音6
    三宝荒神堂                        大師堂

  おふさ観音8  おふさ観音7
    尊堂                             鐘楼 

 そして、見頃が過ぎたバラ園には風鈴が取り付けられ、さまざまな方向から風鈴の音色を楽しむことができ、まるで風鈴と一体化したような気分になってきます。

   おふさ観音9

 本堂の裏側には円空庭と名付けられた日本庭園が広がり、『鯉の池』では放たれた鯉がゆったりと水の中で泳ぎ回っています。

   おふさ観音10

 長寿とぼけ封じの寺としても知られる おふさ観音  『花まんだら』の境内に響く風鈴に迎えられ、風鈴に送られるおふさ観音は涼しさとともに心も癒された素晴らしいものでした。


 石上神宮 ~ 古来朝廷の武器庫の境内で遊ぶ神の使いの鶏 ~

 この季節になると干支に因んだ寺社が話題になります。来年2017年の干支は 酉 なので酉にゆかりある神社を取り上げてみました。奈良県天理市にある 石上神宮(いそのかみじんぐう) はニワトリやチャボが境内で放し飼いにされていることで知られています。
 
   石上神宮4

 奈良市街と桜井市三輪を結ぶ山の辺の道は『日本書紀』にも登場する古代の道。その中ほどに位置する 石上神宮 は桜井市にある 大神神社 と並んで日本最古の神社と考えられ、江戸時代までは神殿がなく、背後につづく布留山がご神体となっていたといわれています。主祭神の布都御魂神は、建御雷神が所有する『神剣』のことで、崇神天皇の代に、宮中に祀られていたこの剣を、物部氏の祖・伊香色雄命に命じて、石上に遷し祀らせたと伝えられています。そしてこの神社の代表的な神宝『七支刀』には百済王と倭王の名が記されている貴重なものとして知られ、さらに多数の武器が奉納されていることから、大和朝廷の武器庫の役目も担っていたと考えられています。また、物部氏は『神剣』の管理を任されたことからこの土地を納め、石上神宮を氏神として仰ぐようになったといいます。

 布留山の北西麓に鎮座する石上神宮、古木が生い茂る参道はうす暗く、差し込む光が神々しさを感じさせます。その参道を進むと右手に広々とした池が見えてきます。鏡池の名を持つ池には水草を食べる『ワタカ』が生息しているそうです。

  石上神宮1  石上神宮2
                                   『ワタカ』が生息する鏡池
 池を囲む境内にはニワトリやチャボが悠々と歩き、生い茂った木々の枝の上からは歓迎してくれるかのように高らかな声を張り上げてくれています。

  石上神宮5  石上神宮6

   石上神宮15

 ひと時、鶏の姿を追いかけたのち、摂社の出雲建雄神社へ。この神社の拝殿は『割拝殿』という形式で、現存のものでは最古で国宝に指定されています。

   石上神宮7

 檜皮葺の屋根の切妻造、正面、背後、馬道の左右には引き違い格子戸が入り、側面には両開きの板扉が設けられ、馬道上部は唐破風が備えられ、梁には素朴で美しい蟇股をのせてひっそりと佇み、苔むした屋根に歳月が感じられます。そして拝殿の奥には出雲建雄神社、さるたひこ神社、七座社などの社が並んでいます。

  石上神宮8  石上神宮9
    出雲建雄神社                      猿田彦神社

  石上神宮10  石上神宮11
    七座社                           回廊

 回廊で囲まれた石上神宮の楼門をくぐると清められた庭を前に拝殿が建っています。

   石上神宮12

   石上神宮13

 この拝殿の奥の禁足地にはご神体である『神剣』が埋められていて、その傍らには高床式の武器かが建てられているそうです。

 神の使いとしてのニワトリやチャボが遊ぶ境内の奥に潜む古来朝廷の武器庫、石上神宮は古代ロマンに包まれた神社です。
   

白毫寺 ~ 山寺の趣きが漂う花の寺 ~ 

 新薬師寺からのどかな道を南東に辿ると 花の寺で知られる 白毫寺 があります。高円と呼ばれたこの地は万葉歌人・志貴皇子(天智天皇の第七皇子)の離宮があったところで、その山荘を寺としたといわれています。草創についての定かな説はないようですが、鎌倉中期に興正菩薩尊が再興、その後弟子の道照が宋から大宗一切経の摺本を持帰り、転読法要をおこなったことから『一切切寺』と呼ばれといいます。白毫とは、仏の額にあって光を放つ毛のことで、本尊の阿弥陀如来像の白毫に因んで付けられたそうです。

 高円山の中腹にある 白毫寺 風情ある石段の参道では散り椿が訪れる参拝者を迎えてくれました。そして山門を入ると土塀越しに奈良の街が見えてきます。

  白毫寺1  白毫寺2

   白毫寺3

 境内に入ると勾配のゆるやかな屋根をした本堂が建ち、堂内には阿弥陀三尊、聖徳太子二歳像が安置されていました。

   白毫寺4

 関西花の寺第十八番札所になっている白毫寺、四季折々の花が咲き乱れる境内、特に『奈良三銘椿』のひとつに数えられている『五色椿』は大輪の八重で、白、赤、紅白の絞りなどが美しい花びらで知られています。

  白毫寺6  白毫寺
                       『奈良三銘椿』のひとつ『五色椿』 

 寛永年間に興福寺塔頭の喜多院から移植されたといわれる樹齢およそ450年の椿、その太い幹と四方にのばした枝は圧巻です。 そして、その椿の傍では可愛らしい子福桜が花を咲かせ始めていました。

  白毫寺5  白毫寺12
    子福桜                           春の花が咲き乱れる境内                         

 椿やサンシュ、梅など春の花に包まれた境内、本堂と池を挟んだ小高いところでは『白毫寺』の名を持つ大椿の木が多宝塔の跡を見下ろしていました。

  白毫寺9  白毫寺8
    『白毫寺』の名を持つ大椿               多宝塔跡

 多宝塔跡からは『石仏の道』と名づけられた散策路があり、そこには不動、弥勒、地蔵などの石仏が静かに点在しています。椿や古木に囲まれた石仏は微笑ましく、心が和みます・・・

   白毫寺11  白毫寺10

 また、境内の西では奈良市街を一望できる大パノラマを堪能することができます。

   白毫寺15

 中興の祖・空慶上人が祀られている御影堂、本尊の阿弥陀如来像、地蔵菩薩、像として残っているのが珍しい閻魔大王とその眷属の像などが収蔵されている宝蔵では多くの仏像をまじかで見ることができます。

  白毫寺13  白毫寺14
    御影堂                           宝蔵

 椿や水仙などの春の花に包まれた境内に射し込む優しい光に見送られ、いつかまた、参道の石段の両側を埋め尽くす見事な萩の頃にまた訪れてみたいと思います。
プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR