鶴林寺 ~  聖徳太子ゆかりの「播磨の法隆寺」 ~

 兵庫県加古川市にある 鶴林寺 は『播磨の法隆寺』や『刀田の太子さん』とも呼ばれる播磨地方有数の古寺。創建は崇峻2年(589)聖徳太子が当時物部氏らの排仏派の迫害を逃れてこの地にいた高句麗僧・恵便法師の教えを受けるため、精舎を建立し、刀田山四天王寺聖霊院と名付けたことがはじまりと伝えられています。その後、養老2年(7187)大目身人部春則が太子の遺徳を顕彰するため七堂伽藍を建立し、慈覚大師円仁が入唐の際に立ち寄られ、薬師如来像を刻して天台宗となり、天永3年(1112)に鳥羽天皇によって勅願所に定められたのを期に 鶴林寺 と寺号を改めたといいます。

 新西国三十三カ所、聖徳太子霊跡、関西花の寺二十五霊場、西国薬師四十九霊場などの札所にもなっている鶴林寺は、戦国時代の戦火に巻き込まれなかったことから多くの文化財が残されています。二体の仁王像が安置された仁王門は室町時代の建立で、楼門形式の階上には座禅堂があるといいます。

  鶴林寺1  鶴林寺2
    仁王門                           本堂

 門を入り、菩提樹と沙羅双樹の木が植えられた参道を進むと、正面に本堂が建っています。応永4年(1397)創建といわれる本堂は和様・大仏様・禅宗様の折衷様式の代表作と称される建物で、国宝になっています。本堂の左右には平安時代後期の建立といわれる太子堂(法華堂)と常行堂があり、対になっている建物は法華三昧、常行三昧の天台寺院の典型的な伽藍配置をとどめているといわれています。国宝の太子堂は天永3年(1112)の建立といわれる寺内最古の建物で、内部の板壁に肉眼ではみえなくなってしまっている仏画が描かれているといいます。

  鶴林寺3  鶴林寺7
    太子堂                          常行堂

 宝珠をいただいた優美な太子堂の奥には高麗期の作といわれる梵鐘が吊るされた鐘楼、観音堂、護摩堂が、常行堂の裏側には新薬師堂が建っています。
 
  鶴林寺4  鶴林寺5
    鐘楼                            観音堂

  鶴林寺6  鶴林寺9
    護摩堂                           新薬師堂

 さらに境内には三重塔、行者堂、経蔵などの建物があり、全盛期には30数カ坊、寺領2万5千石といわれた寺の隆盛が偲ばれます。

  鶴林寺8  鶴林寺10
    三重塔                           行者堂

 そして、聖徳太子ゆかりの寺である境内の奥には十二歳の聖徳太子が恵便法師を招いて修学に励まれた「木の丸殿」の門があったと伝わる『不開の門跡』があり、十二歳聖徳太子像が置かれています。

  鶴林寺11  鶴林寺12
    不開の門址                       十二歳聖徳太子像

 『播磨の法隆寺』といわれるだけに宝物館に展示されている寺宝の仏像や仏具、絵画など、いずれも興味深いものばかり。中でも『あいたた観音』とよばれる銅造聖観音立像は、その昔、観音堂に忍び込み聖観音立像を盗み出した盗賊が、像を溶かそうとしたもののどうしても溶けず、怒って叩き割ろうしたところ、「あいたた!刀田へいのう!刀田へいのう!」と観音の声に驚き像を返し改心したといわれ、この時に聖観音立像の輿が右に曲ったと伝えられているそうです。伝説もある聖観音立像は美しい立ち姿に流れるような衣を身に着け、拝観者に柔和なほほ笑みと優しい眼差しで見つめ返してくださり、心が和らいできます。

  鶴林寺15  鶴林寺14
    宝物館                          法華一石一字搭

 宝物館で文化財を堪能した後は、法華経の文字を一つの石に一時ずつ書いて千部納められた法華一石一字搭の『ふるくる門』をくぐりました。搭の裏側にある『ふりきり石』、この石に念じ、回すことで心にある邪念を振り落とし、新たな自分に生まれ変わるといわれるパワースポット  私も新しい自分をめざして・・・力いっぱい石を回しました。

 そして、十分なパワーを得られたことを信じて境内を後にしました。


スポンサーサイト

廣峯神社 ~ 牛頭天王の総本社 ~

 姫路市街地の北部、広峰山山頂にある 廣峯神社 は素盞鳴尊とその御子神・五十猛尊を主祭神とする神社。創建は奈良時代の天平5年(733)。この地を訪れた吉備真備が神宅を受け、聖武天皇に奏上して、翌年現在の奥の院、吉備社がある位置に社殿を建立したといいます。その後、平安時代の天禄3年(972)に現在の地に遷され、跡地には真備を祀る吉備社が建てられたとのこと。主祭神の素盞鳴神は古くから、災厄・病気・海陸交通危難を祓う最も強力な神として人々から篤く信仰されてきました。そして日本の神仏習合の神・牛頭天王とは同体とされ、厄病を鎮める『牛頭天王』の起源となる社と伝えられています。貞観年間、京都を中心に大流行した疫病のとき、清和天皇の夢枕にお告げがあり、この神社の御分霊を京都に迎え、祈願すると疫病が鎮まり、それを喜び始まった祇園祭、それによって建てられた 八坂神社 であることはよく知られています。

 山の中腹にある大鳥居をくぐり参道を上って行くと、眼下には姫路城を中心とする町並み、その先には播磨灘が望まれる眺望が広がっています。

  廣峯神社1  廣峯神社2

 随神門が建つ石段の横には姫路市内で一番古いといわれる宝篋印塔が置かれています。

  廣峯神社3  廣峯神社4
    重要文化財の宝篋印塔                随神門

 随神門を入ると拝殿・本殿があり、ともに室町時代中期の建物で、本殿の規模は国内最大級といわれています。

  廣峯神社5  廣峯神社6
                                   拝殿

  廣峯神社7  廣峯神社8
    本殿                            本殿裏側にある『九つの穴』

 本殿の背後には九つの丸い穴が開けられ、暦の一白水星から九紫火星までの九星が記されています。それぞれの穴にはその星の守り神が鎮まっているとされ、自分の生まれ星の穴に賽銭と願う札を投げ入れ、口をあてがって小声で願い事をすれば神さまが聞き届けてくれるといわれています。一足早く、願い事をしてきましたが・・・

 境内には蛭子社、地養者、軍殿八幡社など十社が祀られています。境内の東隅には千年松と呼ばれる霊木の息吹木がそびえています。境内を見下ろす霊木は社殿を遷したときに、邪魔にならないように残されたものとのこと、今も青々と茂るその姿に生命力を感じます。

  廣峯神社9  廣峯神社10
     
 年変わりの節分から立春の二日間にかけておこなわれる『節分・立春厄除大祭』では災いは神社に封じ込め、福は広く一般へ授けるということから『鬼は内、福は外』と声をかけながら豆がまかれるといいます。

 姫路に城下町ができる以前より姫路の町を見守り続けてきた 廣峯神社 眼下の眺望を堪能し、境内を後にしました。


好古園 ~ 姫路城を望む日本庭園 ~

 碧空にそびえる天守、石垣が描き出す美しい稜線・・・白い鷺が舞うように見えることから『白鷺城』とも呼ばれる 姫路城 美しい姿が有名な城は、日本最高峰の木造建築として国宝であり、日本で初めて世界文化遺産に登録されました。覇者の居所であり、権力の象徴として雄大な偉容を誇る姫路城は、南北朝時代、播磨の国守赤松氏が姫山に砦を築いたことが始まりで、その後、黒田如水、豊臣秀吉、池田輝政、本多忠政など多くの大名が城主となり、築城以来400年間、一度も戦災や火災にあうことなく、当時の姿を今に引き継がれているといいます。時を超えて輝き続ける姫路城には訪れる人を魅了する数多くの国宝や重要文化財、城を舞台に繰り広げられたドラマが残されています。

   好古園1

 その姫路城の西側にある 好古園 は姫路市制百周年を記念して造営され、平成4年(1992)に開園された池泉回遊式の日本庭園で、四季折々の自然が美しいことで知られています。

 『平成の修理』の終えた城は白さを際立たせ、訪れる人を圧倒させます。小春日和の陽ざしを浴びながら城を囲む濠に植えこまれた木の枝で、静かには根を休める白鷺を眺めながら、姫路城から歩くこと数分、好古園の入口があります。

  好古園2  好古園3

  好古園4  好古園5

 姫路城を借景に造られた好古園は御屋敷跡、武家屋敷跡などの地割を生かした9つの趣きの異なった庭園群から構成されています。『御屋敷の庭』は姫路藩主の下屋敷があったところで、好古園で一番大きな庭園。瀬戸内海をイメージしたという大池は鮮やかな紅葉がその姿を映し、ゆったりと泳ぐ錦鯉が彩りを添え、深山幽谷を連想させる漕ぎ、その間から流れ落ちる滝・・・渡り廊下から眺める光景の素晴らしさにあちこちから感嘆の声が

   好古園7
     御屋敷の庭

  好古園8  好古園6

 江戸時代に栽培された園芸植物が育成されている『苗の庭』、茶室・双樹庵を中心に構成された『茶の庭』、水の流れが趣きを添える『流れの平庭』、落葉樹ばかりが配された『夏木の庭』には黒田家再興のきっかけをつくったといわれる目の健康に効果のある『玲珠膏』の原料となったメグスリノキも植えられています。新緑から紅葉と季節感あふれる夏木の庭から続く『松の庭」、山野草が植栽されている『花の庭』、十五種類の竹が植栽された『竹の庭』、そして典型的な『築山池泉の庭』では目の覚めるような真っ赤な楓が迎えてくれました。

  好古園10  好古園9
    メグスリノキ                        松の庭

  好古園13  好古園11
    流れの平庭                        竹の庭

   好古園12
     築山池泉の庭

 これらさまざま趣をもった庭園群、江戸時代にタイムスリップしたような築地塀や屋敷門・長門門など・・・いつまでもに佇んでいたくなるような好古園、季節をかえて風光明媚な庭園内を歩いてみたいと思います。

 

淡路島 国営明石海峡公園 ~ 色鮮やかな花の風景と「五感」で感じる奇跡の星の植物館 ~  

 海に囲まれ、温暖な気候に恵まれたリゾートアイランド・淡路島は四季折々の美しい花が楽しめる『花の島』として知られ、花の名所やテーマパークが数多くあります。中でも、淡路島 国営明石海峡公園 は島を代表する花の名所。淡路夢舞台の施設群に隣接する公園は花と緑と目の前に海が広がる素晴らしいロケーションと広大な敷地で花に囲まれて過すひと時は、身も心も癒されるオアシス・・・今年も春の一日、花に囲まれた時を過ごしに行ってきました。

 ゲートを入ると今年も、足元に草花を植え込んだ風車とパンジーで覆われたタコトピアリーが出迎えてくれました。

  明石海峡公園1  明石海峡公園2

 花の中海に沿って広がる大地の虹のエリアの中央には立体花壇の『花火鳥』があります。その存在感あふれる姿は震災からの復興の祈りを込めて不死鳥をモチーフに作られているといいます。

   明石海峡公園3

 起伏のある花壇では色とりどりのチューリップやムスカリ、が虹のように配置され、その間にはネモフィラやリビングストーンなど様々な春の花が植えられていて、ポプラの丘の上からは雄大な花風景が堪能できます。

  明石海峡公園4  明石海峡公園5

 園内の様々なエリアでは春の訪れを感じる風景が見られ、時折頬をかすめる風も心地よく、大自然と一体化したような気分に・・・春一番の丘エリアでは春を告げるミモザの黄色が眩しく、開花し始めた桜に心も弾み、足取りも軽く丘を下り、日本最大級の温室『奇跡の星の植物館』へ。

 自然と人間の共生をテーマにした温室には約3000種の世界の珍しい植物が展示され、花と緑に囲まれた空間で四季折々に美しい花と出会えます。

   明石海峡公園6  

 館内にはプランツギャラリー、トロピカルガーデン、花と緑のある暮らし、癒しの庭、フラワーショースペース、シダルームの6つの展示室と野外ガーデン、雲南省の植物、アトリウムがあります。
 亜熱帯植物に囲まれたトロピカルガーデンでは多彩な色の植物の中に華やかな蘭が彩りを添え、南国らしい雰囲気が漂っています。

  明石海峡公園8  明石海峡公園9
    トロピカルガーデン                   鮮やかな色の花をつけたヒスイカズラ

 花と緑のある暮らしのスペースでは日本の伝統的な風景の中に取り込まれた山野草や花木が植えこまれ、心安らぐ空間に時を忘れてしまいそうです。

  明石海峡公園10  明石海峡公園11
                           花と緑のある暮らし

 敷石や苔が広がる足下の上に、土壁お表現したような塀に埋め込まれた植物、瓦などを使ったモダンなアートに植え込まれた植物、さりげなく植えられた見慣れた草花・・・ここは香りや色がなくとも癒されることを実感させられる空間です。

  明石海峡公園12  明石海峡公園13
                             癒やしの庭

 多肉植物やサボテンなどで構成されたプランツガーデンや水音の響くうす暗い空間のシダルームでは見かけることの少ない珍しい花に出会えます。

  明石海峡公園7  明石海峡公園15
    プランツギャラリー                    シダルームに咲くランのドラキュラ

 フラワーショースペースは花と人が集う交流スペースで、色とりどりの花で彩られ春を満喫させてくれます。

   明石海峡公園14
     フラワーショースペース

 夢舞台にあるこの公園と植物館、ここを訪れて植物に囲まれて過す一日は感動とリフレシュを同時にもたらしてくれる最高の場所  今年も新しい感動、そして心と体が癒された素晴らしい一日でした。

播磨路 5 ~ 羅漢寺 北条の五百羅漢 ~

  遠い昔、四角い柱状の石にデフォルメ化された人の顔を彫った石仏を旅の本で目にし、いつかその石仏を見てみたいとおもっていました。その石仏は『北条の五百羅漢』で親しまれる石仏群で、加西市北条にある 羅漢寺 の境内に並んでいます。

 かつては近くにある酒見寺に属していたという羅漢寺は中国自動車道の高架の手前に建っています。境内の入口には慶長15年(1610)の銘が入った石の仁王像があり、中に入ると足下には小さな石仏があちこちに置かれ、さらに花木の間をぬうように進むと本堂が建っています。こじんまりとした本堂は大正時代に、地元の人々により御旅所にあった薬師堂を移築したものといいます。

   羅漢寺1 

 境内には他に庚申堂、大歓喜天などが建っています。 

  カラン寺2  羅漢寺3  
                                    本堂                  

  羅漢寺9  羅漢寺9
    庚申堂                           大歓喜天

 この寺の名を世間に知らしめている『五百羅漢』は境内の一番奥の釈迦三尊を中心に並べられています。切石に胸部から上だけを刻み、極度に簡略化されデフォルメ化された顔は一体一体がなんともいえないあじわいがあり、どれも神秘的な表情をたたえています。いつ、誰が、何のために造ったのかはわからないといわれる石仏。目的や用途はわからなくても、ここに並ぶ石仏は純粋に信仰心を持たせてくれ、自然に心が安らいできます。

   羅漢寺5

   羅漢寺6

  羅漢寺7  羅漢寺8
    釈迦三尊                         来迎二十五菩薩        
   
 謎多き五百羅漢が造りだす不思議な空間を肌で感じた 羅漢寺 長年の願いが叶い、心の中に潜んでいた忘れ物を見つけたような晴れ晴れしい気持ちで、この播磨路をあとにしました。

プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR