赤山禅院 ~ 紅葉の名所で知られる御所の鬼門を守る寺 ~

 京都市街の北東部を走る叡山電車、その沿線の東側の山裾には文人や貴人が隠棲し、築いた風雅な名園が多く残さており、それらの名園は紅葉の名所としても知られています。比叡山延暦寺塔頭 赤山禅院 (せきざんぜんいん)もそのひとつ。慈覚大師円仁の遺命により、仁和4年(888)に弟子の安慧が創建した寺院で本尊には赤山大明神が祀られています。縁起によれば、遺唐船で入棟した円仁が山東省の赤山法華院にいる時、山神(赤山明神=泰山府君)に深く帰依され、その円仁が帰国の途中、大嵐に遭遇すると泰山府君が船上にあらわれ船路の無事を見守ってくれたことから、叡山に赤山大明神を勧請しようと志すも、存命中には果たせず、生涯を閉じる時、安慧に禅寺の建立を遺言したといいます。東山三十六峰に連なる赤山の麓に位置する赤山禅院は比叡山の守り神であるとともに、京都御所から表鬼門の方角にあたり、『皇城守護』の寺でもあります。

 白川通から音羽川沿いの修学院道を進み、赤山道の標識左に行くと、右手に赤山大明神の額をかかげた鳥居がそびえています。鳥居をくぐり、その先にある山門を入るとゆるやかな上り勾配の参道には幾つもの幟がたなびき、苔生した低い石垣の上に植えられたモミジが木漏れ日を浴びながら静寂な参道に彩りを添えて参詣者を迎えてくれています。

  赤山禅院1  赤山禅院2

   赤山禅院3

 鮮やかな紅葉に包まれながら参道を進むと、左手に石段があり、その先に拝殿、奥に本殿が建っています。拝殿の屋根上には陶製猿像が・・・大明神の眷属で、厄除け、疫病除けの神で知られる猿はここから遠く御所をにらんでいたようですが近世は商売繁盛の神として崇められています。そして、正念珠が入口にたてられた本殿には本尊・赤山大明神が祀られています。

  赤山禅院4  赤山禅院5
    拝殿                            屋根の上に鎮座する猿像

  赤山禅院6  赤山禅院7
    本殿                            地蔵堂

 境内には赤山大明神の化身といわれる地蔵菩薩が安置されている地蔵堂、日本最古の七福神である『都七福神』のひとつ福禄寿が祀られている福禄寿堂、伝教大師最澄が作ったとつたわる不動明王を安置する雲母不動堂、弁才天堂、御滝堂などの建物があります。

  赤山禅院11  赤山禅院14
    福禄寿堂                         雲母不動堂

  赤山禅院9  赤山禅院12               
    弁財天堂                         紅葉に彩られた境内                     

 堂宇を染める紅葉に感嘆しながら石殿を上った境内には縁結びの神で知られる相生社、金神社、歓喜天などが祀られています。

  赤山禅院13  赤山禅院15
    相生社                          還念珠

 堂宇や神社を拝観し終わると再び大きな数珠が。この数珠は還念珠で、本殿前の正念珠をくぐりながら、心に浮かんだ願いについて参拝の間思いつづけ、この還念珠をくぐりながら、その願いが大切と考えるならその願いに向けて努力することを誓い、仏に力をかしてもれえるよう祈ることでご加護が得られるという密教の考え方を示したものといいます。

 深山幽谷の趣きある境内は錦繍の世界に包まれ、ひっそりと寄り添うように置かれた石仏たちも落ち葉の波の中・・・その光景は一枚の絵ハガキのようなひとこまを思い出させます。そして見上げれば、鮮やかな紅葉に混じり込むように十月桜の淡いピンクの花が・・・秋に訪れる赤山禅院はいつもひそやかな紅葉の楽しみをもたらしてくれます。

  赤山禅院10  赤山禅院8
    落ち葉に覆われた十六羅漢と三十三観音    紅葉と十月桜

 
スポンサーサイト

赤目四十八滝 ~ 深山幽谷に包まれた滝群 ~

 忍者の里で知られる三重県名張市は県西部の伊賀盆地に位置し、四方を山が囲み、豊かな自然が街を包んでいます。その街を流れる滝川の上流には無数の滝群があり四季折々に美しい風景を見せてくれます。 赤目四十八滝 と呼ばれる滝群、なかでも、特に見どころとされているのが『赤目五爆』と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷坦滝、琵琶滝。そして川沿いの散策路の周囲はケヤキやイロハモミジなどの自然林が昼なお暗い深山幽谷の趣きを醸し出して大自然を満喫させてくれます。

 赤目四十八滝の入口を入るとまず、特別天然記念物のオオサンショウウオをはじめとするサンショウウオたちが出迎えてくれます。ひんやりとした空気が漂う渓谷沿い、次々とあらわれる滝は豪快な滝、繊細優美な滝・・・とさまざまな姿を見せてくれます。

  赤目1  赤目2
    紅葉に包まれた赤目四十八滝入口         霊蛇滝

 不動明王に因んで名づけられた豪快な不動滝、岩を伝わって千手のように落水するところからとも、千手観音に因んでつけられたともいわれる千手滝に混じって岩や石の間でせせらぎのようにつくられた滝があちこちに・・・護摩の窟という弘法大師禅定の洞窟の先の急な石段、足を踏み外さないように上ると一枚の布を垂らしたような優美な布曳滝が見えてきます。そして背を向けた頭上には紅葉に彩られた山並が。

  赤目3  赤目5
    不動滝                           千手滝

  赤目6  赤目7
    布曳滝                           

 それぞれに名づけられた滝や岩を見ながらすすむとやがて渓谷随一の景観といわれる荷坦滝に辿り着きました。

  赤目4  赤目8
    七色岩                           雨降滝

 随一といわれているように、紅葉に彩られた岩を挟んで流れ落ちる滝は疲れていたことさえも忘れさせてくれる素晴らしい贈り物・・・そして、夕暮れが迫る渓谷に、最後の滝琵琶滝は今回は断念し来た道を戻ると、霊蛇滝広場周辺はライトアップされていました。

  赤目9  赤目10
    荷坦滝                           ライトアップされた霊蛇滝広場

 日本の滝100選、森林浴100選にも選ばれている景勝地・赤目四十八滝は目、耳、そして心までも癒してくれるところでした。



報土寺 ~ 悲恋の名作「五番町夕霧楼」の舞台にある「腹帯地蔵」を祀る寺 ~

 京都市上京区仁和寺街道沿いにある 報土寺(ほうどじ) は知恩院派に属する浄土宗の寺院で、『洛陽四十八願所地蔵』の札所のひとつに数えられる『腹帯地蔵』が安置されています。報土寺は貞観元年(859)、石清水八幡宮を創建した行教が真言宗の寺として創建したと伝えられ、永禄2年(1559)、選誉照阿により浄土宗の寺院として再興され、現在の地には江戸初期に移転したといいます。

 報土寺のある千本通と中立売通の南西一帯は江戸時代に遊郭街として西陣の職人たちに愛された街で、水上勉の小説『五番町夕霧楼』の舞台となったところ。住宅地となっている界隈に花街の面影を見ることはできません。

 『京都非公開文化財特別公開』のために開かれた表門から中に入ると本堂の前に『遊女観世音菩薩』と書かれた観音像が建っています。報土寺はかつて引き取り手のない遊女の一時安置をしていたことから『投げ込み寺』とも呼ばれ、この観音像は亡き遊女たちの供養のために建立されたといいます。そして観音像を見ているうちに『五番町夕霧楼』の作品をまた読みかえしてみようかと・・・

  報土寺1  報土寺4
    表門                            遊女観世音菩薩

 寺地移転の際に移築されたという本堂は簡素な造りではあるが木組みが太く力強い建物で、浄土宗本堂の典型例として重要文化財に指定さています。そして本堂では、京都国立博物館に寄託後、初めて里帰りされた本尊・阿弥陀如来像が公開されています。もとは、近江の八幡宮に祀られていたともので、縁起によれば、住職が夢の中に阿弥陀如来像が現われ、東から手招きされ、その招きに従って進んでいくと近江八幡(日牟礼神社ともいわれる)に達したところで、地面から阿弥陀如来像が現われ、報土寺に行くことを望んだためその像を報土寺に招いたと伝わっていりとのこと。高さ約80㎝仏像は鎌倉時代の作といい、端正で柔和は表情に心が安らぎます。

   報土寺2
     本堂

  報土寺3  報土寺5

 そして境内には腹帯地蔵が安置されている地蔵堂が建っています。地蔵堂にはかつての遊郭街を偲ばせる『生駒楼』の名が記された額が掲げられ、多くの人々が手を合わせ、願いを込めたであろう地蔵さまは今も衣に華麗な色彩が残し、人々を見守っています。

  報土寺6  報土寺7

 また、報土寺にはかつて黒田官兵衛の妻・光姫が建立した 照福院 という塔頭寺院があり、本堂裏の墓地には光姫の墓や照福院と刻まれた井戸が残されています。

  報土寺8  報土寺9
    光姫の墓                         照福院の刻まれている井戸

 

清浄華院 ~ 「泣不動縁起」で知られる皇室ゆかりの浄土宗大本山 ~

 『浄土宗』 は平安末期、法然坊源空が開いた浄土教の一宗派で、全国に総大本山が八ケ寺ありますが、京都市上京区にある 清浄華院(しょうじょうけいん) もそのひとつ。清浄華院は貞観2年(860)、清和天皇が天台・真言・仏心・戒律の四宗兼学道場として禁裏内に、最澄の弟子・慈覚大師円仁が創建したことにはじまるといいます。にちに浄土宗の開祖法然上人が後鳥羽、高倉、後白河天皇の戒師となられたことから浄土宗に改宗され、以後浄土宗寺院となったとのこと。その後、皇室や朝廷との密な関係を持ち、室町時代には朝幕の帰依を受け浄土宗の筆頭寺院として栄華を極め、寺地も御所に近いあたりを転地し、現在の地には豊臣秀吉の京都改造により移転したといいます。

 丸太町通から寺町通を北に向って歩いていくと、紫式部ゆかりの廬山寺と並び、寺町通に門が開かれた 清浄華院 があります。

  清浄華院1  清浄華院2
    総門                            色好き始めた境内

 総門を入ると、色好き始めた木々が彩りを添える境内には『京都非公開文化財特別公開』が開催されていることもあってか、多くの参詣者が訪れています。境内には南向きに建つ大殿と呼ばれる本堂をはじめ、大方丈、阿弥陀堂などが建っていますが、たびたび火災にみまわれた堂宇は明治以降に建てられたものといいます。

   清浄華院4
     大殿(本堂)

  清浄華院5  清浄華院3
    大方丈                           鐘楼

  清浄華院6  清浄華院7
    不動堂                           阿弥陀堂

 大殿内には本尊の法然上人、清和、村上天皇の尊像が安置されています。法然上人座像は42歳の時、自らの姿を刻んだ像とされ、42歳は男性の厄年であることから、江戸時代には除厄圓光大師と呼ばれ篤い信仰を受けたといいます。そして、この大殿には『泣不動尊縁起』で知られる泣不動尊像が安置されています。『泣不動尊縁起』とは近江・三井寺の証空という僧が、師である智興を助けるため陰陽師・安倍晴明の命替えの祈祷を受け、病を移され苦しむ証空が不動尊に祈ると、涙を流した不動明王があらわれ、師を助けた証空を讃え、不動明王が師の身代わりになり、師の命も救われたという逸話で、多くの文学や絵画などの題材になったといいます。厳めしい不動明王が涙を流すという逸話を知ると、不動明王が身近に感じ、親近感が・・・

 阿弥陀仏を崇拝し、その本願を信じて念仏を唱えることによって西方浄土への往生を願うことを教えとする浄土宗、今回特別公開されている大方丈にはその平安時代作といわれる阿弥陀三尊像が安置されています。また禅宗寺院や楼門上に安置されている事の多い宝冠釈迦如来像や泣不動縁起絵巻(永納本)なども特別公開されていて、見応えがありました。

 そして、境内に漂う線香の香りと修行道場から聞こえる念仏を背に清浄華院を後にしました。

 

グラバー園 ~ 近代日本発祥の地 ~

 江戸時代、鎖国体制下にあって日本で唯一貿易港 出島 があった 長崎 はヨーロッパ(主にオランダ)から多くの文化が入り、東西の文物が混在した『和華蘭』文化は、今も往時の面影を色濃くの残り、国内の他の都市とは違った景観で訪れる人を魅了させてくれます。
 
  グラバー園1  グラバー園2
    復元された出島                     居留地の坂で知られるオランダ坂

 安政の開港とともに来日した貿易商たちはかつて外国人居留地だった南山手、東山手に木造洋館を建て、貿易業をする傍ら、近代日本の産業に貢献し、新しい時代への扉を開きました。南山手にある グラバー園 は彼らが建てた木造洋館を一堂に集めて公開している人気の観光スポット。

 修学旅行生や野外学習の児童たちが行きかうグラバー通、石畳の道を上って行くと、正面に天にその姿を誇るように中世ヨーロッパ建築・ゴシック調の教会 大浦天主堂 が見えてきます。開国とともに造成された長崎居留地に在留外国人のために建設された大浦天主堂は、国内現存最古の教会で、国宝に指定されています。

  グラバー園4  グラバー園5

 『フランス寺』とも呼ばれる大浦天主堂、マリア像が置かれた入口を入ると、聖堂内は100年以上前のステンドグラスが輝き、射し込む光が信者席を映し出しています。厳粛な雰囲気に包まれた中で祈りを奉げれば、徳川幕府の禁教令により、文献や史実でしか知りえない信者たちの思いに胸が痛んできます・・・

  グラバー園3  雅うらばー苑6
    天主堂と旧羅典神学校                旧羅典神学校   

 大浦天主堂を出ると、かつて多くの神学生が学んだという羅典神学校の建物があり、天主堂とを挟んだ坂道を上がって行くと グラバー園 の入口に。

 グラバー園は長崎開港後に来日したイギリス商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた貿易商たちの邸宅を移築した野外博物館で、長崎港を望む園内は季節の花が咲き、歴史ロマンが堪能できるところです。

   グラバー園7
       グラバー園より長崎湾、女神大橋の眺望

 世界遺産にもなっている『旧グラバー住宅』は現存する日本最古の木像洋風建築で、『グラバー商会』を設立したトーマス・ブレーク・グラバーによって建てられています。日本瓦や日本の伝統的な土壁の外観、室内は典型的な洋風の造りになっていて、内部のあちこちで当時を偲ぶ遺品が展示されています。

  グラバー園9  グラバー園8
                           旧グラバー住宅

 『旧リンガー住宅』は『ホーム・リンガー商会』を設立し、『ナガサキホテル』を開業したフレデリック・リンガーによって建てられた木と石が調和したバンガロー風の建物。

  グラバー園10  グラバー園11
    旧リンガー住宅                     旧オルト住宅

 『旧オルト住宅』は日本茶を世界に広めたことで知られる『オルト商会』を設立したウィリアム・ジョン・オルトによって建てられています。石造りの洋館は、かつてベランダでイギリス領事館のパーティが開催されたこともあったとか。

 『旧ウォーカー住宅』はイギリス人実業家、ロバート・ニール・ウォーカーの次男が暮らしてた邸宅で、大浦天主堂の隣に建てられたものを移築したといいます。

  グラバー園12  グラバー園13
     旧ウォーカー住宅                  旧三菱第二ドックハウス

 園内には他にも旧三菱第二ドックハウス、旧長崎地方裁判所長官舎、などの明治時代に造られた木造洋館が移築され、異国情緒豊かな建物に季節の花々が彩りを添えています。

  グラバー園14  グラバー園15
    旧長崎地方裁判所長官舎               旧長崎高商表門衛所

 園内から長崎湾を見下ろしながら、かつてこの地に暮らした商人たちに思いをはせれば、壮大な歴史ロマンが広がってきます。

 長崎は訪れるたびになぜか小雨に。小雨に濡れながら歩く園内のあちこちではライトアップの作業が行われていて、心なしか色好き始めた木々がそっと別れを惜しんでくれているような・・・どこか名残惜しいグラバー園の散策でした。


プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR