大神神社 ~ 古代信仰のかたちを今に伝える日本最古の神社 ~

 大物主大神が日本の国つくりのために、御魂を鎮めた三輪山は神々が宿る神聖なる山『神奈備(かんなび)』として、古くから崇められてきた山。その三輪山をご神体とする 大神神社 は数ある神社の中でも最古のもののひとつに数えられています。山そのものをご神体とするため本殿はなく、拝殿から3本の鳥居を組み合わせた独特な形の三ツ鳥居を通して三輪山を拝するという古代の祀りの様が伝えられています。

 大鳥居越しに神々しい三輪山を拝しながら参道を進むと二の鳥居があり、その先に古木に覆われた参道には木漏れ日がさし込み、進むにつれ、次第に身も心も清められていくような・・・厳粛な空気に包まれています。

  大神神社1  大神神社2
    大鳥居と三輪山                     二の鳥居
  
 石段を上り、2本の柱に大きな注連縄を渡した鳥居をくぐると、三輪山を背に徳川家綱が寄進したという拝殿が建っています。

   大神神社4

 拝殿の奥にある三ツ鳥居は中央に扉をもつ、大神神社以外には見られない珍しい形式で、その鳥居の奥は宮司といえども立ち入ることの許されいない禁足地といいます。

 『三輪明神』『三輪さん』と親しまれる大神神社は、謡曲『三輪』の舞台になったところです。平安時代の初め、三輪山の麓に住んでいた僧・玄庵がいつも参詣に来る女性を待っていると、ある日、その女性は衣を貸して欲しいというので貸し、その素姓を尋ねると、杉が目印と住かを教え消えてしまう。里の男が御神木に衣が掛るのを見つけ玄寶に知らせ、確かめると衣裾に歌が書かれていて、その歌を詠むと杉の木の中から返歌が聞こえ、三輪明神が姿を現すし、伊勢と三輪の神は一体分神と語ったというストーリー。境内には、その衣が掛けられていたという『衣掛杉』があります。

          大神神社4  衣掛杉 

 そして、大神神社から北に15分くらい歩いた山の辺の道沿いには玄寶が隠棲した庵があります。ひなびた庵は自然を残す庭と一体化して風情を感じます。 

  大神神社6  大神神社7
                              玄寶庵

 また、境内には、『巳の神杉』と呼ばれる大きな杉の木がありますが、この杉には神の使いの蛇が棲むといわれお供えの御神酒と卵が途切れることがないとか。酒神としても有名な大神神社、造り酒屋の軒先でゆれる『杉玉』は三輪山の杉にあやかったといわれています。

  大神神社5

 古来より国つくりの神として、生活全般の守護神として崇められている 大神神社 神話や伝説を宿す境内は今もどこかに古人が潜んでいるような・・・神秘的であり神々しい神社でした。


スポンサーサイト

長岳寺 ~ 山の辺の道に佇む弘法大師創建の花の寺 ~

 三輪山の南麓から春日山の麓まで山裾をぬうように通じていた道、それが世にいう 山の辺の道 は、日本最古の道といわれ、道沿いには1500余りの古墳や古社寺が点在しています。天理市柳本町にある 長岳寺(ちょうがくじ) もそのひとつ。釜口山の山麓にあることkら『釜の口のお大師さん』とも呼ばれる寺は、9世紀に淳和天皇の勅願により弘法大師が 大和神社 の神宮寺として創建した古刹で、盛期には48坊を数えたといいます。今なお、いにしえの面影が漂う境内には四季折々の花が咲き、参拝者を安らぎの世界に誘ってくれます。

 山の辺の道から境内に入り、大門をくぐると少しく下り坂になった参道の両側には、ほころび始めたヒラドツツジの生け垣が続きます。

  長岳寺1  長岳寺2
    大門                            参道のヒラドツツジ

 参道に敷かれた玉砂利を踏みしめながら進むと、ピンクの絨毯のような花びらが広がる横に、旧地蔵院の門が建っています。現在は庫裏として使われている旧地蔵院は、48坊あった塔頭のうち唯一残る建物といいます。唐門風の入口を入れば、室町時代の様式を残す書院造りの建物の奥に普賢延命菩薩像が安置され、前には同じ時代に造られたという趣きある庭園が広がっています。

  長岳寺3  長岳寺4
                                   旧地蔵院

   長岳寺5

 旧地蔵院を後に再び参道に出れば、正面に日本最古の鐘楼門といわれる門が建っています。創建当初唯一の建物といわれる重厚な造りの門の奥には放生池を前に本堂が建っています。

  長岳寺6  長岳寺7
    鐘楼門                           放生池に映る本堂

 江戸時代に再建されたという本堂には阿弥陀三尊像、多聞天・増長天が安置されています。阿弥陀如来像は目の部分にガラスや水晶を用いる『玉眼』の手法を使った日本最古の仏像といい、台座の上で片足を組み、もう片方はぶらりと降ろした座り方をしている観世音・勢至菩薩も個性的で、その堂々たる風格に圧倒されます。また、多聞天・増長天は藤原時代の作でありながら、今だ色彩が残り、厳めしく阿弥陀三尊を守護しています。

  長岳寺8  長岳寺9
    本堂                            大師堂

 そして本堂から少し奥に行くと大師堂が建っています。弘法大師創建の寺である境内には来大師像や八十八の小堂が置かれた八十八カ所道がありあちこちで弘法大師を偲ぶことができます。

  長岳寺10  長岳寺11
    大師像                           鐘楼  

 本堂前に広がる池泉式庭園を散策すれば、八重桜の花びらが地面に広がり、新緑が広がる頭上からは初夏を思わせる光がふりそそぎ、風にのってヒラドツツジが甘い香りを漂わせてきます。

  長岳寺12 長岳寺14
    十三重石塔

 また、この寺から西に1㌔ほど行った飛地境内には長岳寺五智堂が建っています。大日如来に見立てた丸い心柱の上に屋根を付けた珍しい建物で、傘堂や真面堂とも呼ばれ親しまれています。

     長岳寺13 五智堂

 境内の植えられたさまざまな花と歴史を語る仏像、そして足元の置かれた古き石仏たち・・・そのどれもが訪れた人の心を癒やし、安らぎをもたらしてくれる 長岳寺 いつかまた訪れたいと思います。

 

2018 桜紀行 5 仁和寺 ~ 壮大な門跡寺院を彩る「御室桜」 ~

 洛西・双ヶ丘の北に位置する 仁和寺 は『旧御室御所』と呼ばれるように、代々法親王が住持した門跡寺院。仁和4年(888)に宇多天皇が、前年に崩御した父・光孝天皇の遺志を継いで創建、寺名は年号から付けられたといいます。昌泰2年(899)に出家された宇多天皇は法務ををおこなう僧坊を設けられ、それは『御室』と尊称されて、地名として後世に伝えれられることになったといいます。いく度かの火災にみまわれた仁和寺ですが、応仁の乱ではほとんどが焼失し、本格的な復興は江戸時代、後水尾天皇の兄覚深法親王の時代になってのことで、徳川幕府の援助、さらには京都御所の改築に伴い、金堂に紫宸殿、御影堂に清涼殿、宸殿に常御殿が移築され、二王門、五重搭なども造られ、現在の優美な伽藍群が完成したといいます。

 古くから桜の名所で知られる仁和寺には京の桜の季節をを締めくくる『御室桜』があります。根本から枝を分けた低い木に花を咲かせる『御室桜』は、『わたしゃお多福御室の桜 鼻(花)がひくても人が好く』と詠われ、『お多福桜』の愛称でも人々に親しまれている桜です。

 左右に金剛力士像が安置した堂々たる二王門をくぐると、広々とした参道の先に浮かんでいるかの様に朱塗りの中門が建ち、左側の参道沿いには築地塀に挟まれて本坊表門、勅使門が建っています。

   仁和寺1 
 
  仁和寺2  仁和寺3
    本坊表門                         勅使門

 本坊内には宸殿の南側に白砂敷きの、北側に池を配した優雅な庭園が広がっています。

  仁和寺4  仁和寺5

 中門をくぐると左手に『御室桜』の苑があります。満開の御室桜が見れるはずが葉桜になっていて、五重塔とのショットは葉桜がメインに・・・

  仁和寺7  仁和寺8
    御室桜

  仁和寺6  仁和寺9
    御衣黄桜                          ミツバツツジ

 早くも新緑を迎えたような若葉が頭上を覆う境内には国宝の金堂をはじめ、御影堂、鐘楼、観音堂などの諸堂が建ち並び、満開のミツバツツジが彩りを添えています。

  仁和寺11  仁和寺12
    金堂                            鐘楼

  仁和寺15  仁和寺13
    御影堂                           経蔵

  仁和寺16  仁和寺10
    九所明神                          観音堂(改修中)

 楽しみにしていた満開の『御室桜』には間に合いませんでしが、今年は満開の桜にたくさん出会うことができた楽しい春でした。


2018 桜紀行 4 哲学の道 ~ 桜花爛漫を求めて歩く山裾の散歩道 ~

 東山の山麓、若王子橋から銀閣寺橋までの琵琶湖疏水に沿う散歩道 哲学の道 は、大正時代に活躍した西田幾多郎や河上肇らの哲学者が散歩していたことからその名を付けられた、京都でも屈指の観光コースとして知られています。沿道には桜をはじめツツジ、ミツマタ、レンギョウなどが植えられ、道行く人の目を楽しませてくれます。なかでも約300本ある桜は『閑雪桜』と呼ばれ、大正10年(1921)に画家橋本閑雪の夫人によって植えられたことで有名です。桜の美しい疏水沿いの道を一歩は逸れて山裾の道を歩けば、静寂に包まれた中に佇む寺社が、風情ある建物や苔、白砂の美しい庭園と四季折々の花で参拝者を迎えてくれます。

 哲学の道の入口となる若王子橋を渡ると、京都三熊野神社のひとつ 熊野若王子神社 が建っています。

  哲学の道1  哲学の道3
    若王子橋                         熊野若王子神社拝殿

 境内の入口にそびえる樹齢400年を超える『梛の木』は参拝者の心を清める『禊の木』として知られ、この木の葉で作られたお守りは結婚、進学、その他さまざまな悩みを祓うお守りとして人気があるといいます。桜が舞い散る境内には茶店が置かれ、参拝者がのんびりと休息している光景に心が和みます。

 境内を出て再び若王子橋を渡り哲学の道沿いを歩けば、頭上に、川にと桜の花びらが降りかかり、花吹雪の中を歩いているような気分になってきます。

  哲学の道4  哲学の道7

 そして、大豊橋を渡れば、縁結びや安産のご利益で知られる 大豊神社 の参道に入って行きます。道の両脇には山野草やアジサイ、花木などが植えられていて、て四季折々さまざまな花と出会える花好きな人にとっては楽しみな参道です。芽吹き始めた草花や花木に目を移しながら進むと、鳥居の奥にはシダレサクラやさまざまな椿が花を咲かせ、それほど広くない境内を包んでいます。木々がうっそうと茂る東山三十六峰のひとつ椿ヶ峰を背後に並ぶ社殿、大国社の入口の『狛鼠』の頭と周囲には色とりどりの椿が置かれる遊び心が・・・

  哲学の道5  哲学の道6
    大豊神社拝殿                      狛鼠

 鹿ケ谷一帯の産土神として信仰される大豊神社、境内に植えられている花と愛嬌ある狛鼠のすがたに心も癒されます。

 そして、再び哲学の道へ。

 疏水沿いにはミツマタ、雪柳、レンギョウなどの春の花が入り乱れて桜との共演を演出、そのシャッターポイントを求めて右に左にと人の波が移動する状態を、しばし見入ることに・・・

  哲学の道14  哲学の道8

 人の波をぬうように寺ノ前橋を渡り、東に進むと 谷の御所 霊鑑寺門跡 の石段が見えてkます。通常は非公開の寺院は春と秋に特別公開されているので、天然記念物にもなっている『日光』をはじめ『霊鑑寺椿衣笠』など30種類を超す椿が植えられた庭園を拝観に境内へ。広々した石段をのぼり門を入ると、足元を染めるような散り椿の木が出迎えてくれ、水盤や玄関前の竹筒にはさまざまな椿が置かれるなど尼寺らしい愛らしい飾り付けに思わず足が留まります。

  哲学の道14  哲学の道10

 山の緑を背景にゆるやかな斜面に建つ本堂や書院、経蔵などが、上下二段に分かれた庭園の中に取り込まれたかのように見える境内は、春を謳歌する花たち、そよぐ風に舞い落ちる花びら、そして芽吹き始めた楓・・・と自然を凝縮したようで、そこにたたずんでいるだけで大自然に抱かれているような心地がします。

  哲学の道9  哲学の道11 

 霊鑑寺から山裾の道を北に進むと右手の石段の上に、閑静な茅葺きの山門が見えてきます。悲話が伝わる 安楽寺 の山門は、すでに新緑の中に。法然の弟子の住連房・安楽房が開いた念仏道場に始まる寺は後鳥羽上皇の女御の松虫・鈴虫姉妹の出家という事件により荒廃するも、のちに両僧の供養のために、この地に伽藍が建立されたといいます。ひっそりと閉ざされた門の奥に広がる庭園は皐の名所として知られています。

  哲学の道12  哲学の道13
    安楽寺山門                        法然院山門

 さらに山裾の道を進むと、鬱蒼とした森の中に 法然院 の寺域が広がっています。少し傾斜になった石畳の参道を進むと、萱葺の山門が木漏れ日の中に静かに、趣き深くたたずんでいます。くぐった門の先には『白砂壇』が両側にのびています。水の流れを表わす白砂壇の模様を季節ごとに描き変えられるので、今は桜の花びらが描かれています。白砂壇で心を清めて境内を奥に進み、本堂の少し開けられた戸の間から御本尊様に手を合わせ、ひと時、静寂な境内を堪能・・・

 法然院から洗心橋を渡ると春爛漫な 哲学の道 の散策も終盤です。はや、葉桜になりかけた道沿いの桜に群がる人は一層数を増し、銀閣寺前は観光客であふれ返っています。その誰もがにこやかで、満足げな表情に、花見の代名詞である『』は春が贈る最大のプレゼントであることを改めて感じた 哲学の道 の散策でした。

   哲学の道15


2018 桜紀行 3 永観堂 ~ 「見返り阿弥陀」の御座す寺 ~

 『紅葉の永観堂』のと呼ばれるほどに紅葉の名所である 永観堂 ですが、桜を求めて境内へ。

 永観堂 、正しくは 無量寿院禅林寺 といい、弘法大師の高弟・真紹僧都が清和天皇から寺院建立の許可をもらい、『禅林寺』の名を賜ったのが始まりといいます。中興の祖といわれる永観律師が恵まれない人々にために境内に施療院を建てるなど奔走。そして、いつしか禅林寺は永観律師を慕う人々によって 永観堂 とよばれるようになったといいます。『見返り阿弥陀』の名で知られる本尊・阿弥陀如来像は、永観が念仏を行道中に現われ、振り向いて『永観 おそし』と言葉を発し、導いた姿から『見返り阿弥陀』と呼ばれています。

 総門をくぐると参道わきでは満開の桜が出迎えてくれました。中門を入り大玄関から堂内へ。

  永観堂1  永観堂2

 書院造りの釈迦堂は華やかな襖絵で飾られ、枯山水の庭園が趣きを見せています。葉先が3つに分かれている三鈷の松の古木を見ながら『臥龍廊』と名づけられた回廊をあがり開山堂へ。そして回廊を戻って阿弥陀如来堂に入れば、極彩色の堂内に格天井に『百花』が描かれた中、穏やかな微笑みを浮かべた本尊・見返り阿弥陀が安置されています。なんとも慈悲深い姿に心が癒やされます。

  永観堂3  永観堂4
    臥龍廊                           阿弥陀堂

 阿弥陀堂を出て多宝塔に上り、春景色に包まれた京の街が広々と一望。薄っすらと霞かかった中に京都御苑、双ヶ岡、左大文字までもが望める見晴らしは圧巻です。

  永観堂7  永観堂8
    多宝塔                           京都市街の眺望

 境内には御影堂、鐘楼などの建物のほか放生池があり、その周囲には楓をはじめさまざまな花木が植えられています。中でも白木蓮はその白さであるがゆえにか、永観堂の甍や芽吹き始めた木々に映えひときわ印象深い姿でそびえています。白木蓮は木蓮と同様に中国生まれで、一雨ごとに大きくなり、いつの間にかいっせいにほころび、あたりに芳香を漂わせる春の花。大きいものでは15㍍にもなるといわれ、蓮の花に似て朝開いて夕に閉じる咲き方は寺院には似つかわしい花といえるかもしれません。

   永観堂9 
     放生池

  永観堂5  永観堂6 
     御影堂                         画仙堂   

   永観堂10
      白木蓮

 寺域に3000本をも超える楓が植えられている 永観堂 山内が真紅に染められる季節を除けばなんとも心が癒されるお寺です。慈悲深い仏さまに手を合わせに、また来たいと思います。 


プロフィール

ポピーランド

Author:ポピーランド
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR